ニュース
» 2009年12月01日 11時08分 UPDATE

限定で“W”バッテリー:エプソンダイレクト、厚さ20ミリの薄型軽量モバイルノート「Endeavor NA501E」

エプソンダイレクトは、厚さ20ミリ/重量1.48キロの薄型軽量で低価格な“CULVノートPC”「Endeavor NA501E」を発売する。価格は6万4890円から。

[ITmedia]
photo エプソンダイレクト「Endeavor NA501E」

 エプソンダイレクトは12月1日、最薄部が19.6ミリのCULVプロセッサ搭載モバイルノートPC「Endeavor NA501E」を発表、同社直販サイト「Epson Direct Shop」で12月中旬より受注を始める。BTOに対応し、基本構成価格は6万4890円(税込み)から。

 Endeavor NA501Eは、1366×768ドット表示に対応する13.3型ワイド液晶ディスプレイとCULV版CPU、最薄部18.6ミリ/重量約1.48キロの薄型軽量ボディを採用するモバイルノートPC。周囲の映り込みが低減するノングレア処理を施したディスプレイとともに、ソフトレザーペイント加工で汗によるべたつきを防ぐパームレスト、窮屈なく入力できる18ミリピッチのキーボード、ヘアライン加工とアルマイト処理を施したカラーリングにより、スリムで軽量、かつビジネスシーンにも向く落ち着いたデザインのボディを特徴とする。

 ボディサイズは324(幅)×230(奥行き)×19.6〜20.8(高さ)ミリ、重量約1.48キロ。バッテリーはボディの薄型化に寄与するリチウムポリマー型を採用し、駆動時間は最大3.2時間。国際エネルギースタープログラム Ver.5.0に適合し、通常使用時で9.5ワットの低消費電力を実現する。なお、受注開始後の初回1000台限定で「標準バッテリーと同じバッテリー(通常価格:4200円)をもう1つ無償添付」するキャンペーンも行う。

 基本構成モデルは、32ビット版のWindows 7 Home Premiumと超低電圧版のCeleron 743(1.3GHz)、Intel GS45 Expressチップセット(チップセット内蔵グラフィックス)の組み合わせに、1GバイトのDDR2 SDRAM(PC2-6400)、160GバイトのHDD(5400rpm/Serial ATA)を実装する。1000BASE-T対応の有線LAN、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、マルチメモリカードスロット(SDHC対応SDメモリーカード、PRO対応メモリースティック、MMC)やUSB 2.0×3(左側面×2、右側面×1)、アナログRGB出力、日本語88キーボード(主要キーの左右キーピッチ:18ミリ/キーストローク:1.7ミリ)などのインタフェースを搭載する。

 カスタマイズオーダーにも対応し、上記基本構成モデルを基準に、CPU(Core 2 Duo SU9400/1.4GHz)やOSの種類(32ビット版Windows 7 Professional、Windows 7 Professionalのダウングレード権を利用したWindows XP Professional)、メモリ容量(最大4Gバイト/2Gバイト DDR2 SDRAM×2)、ストレージ容量(最大500Gバイトの7200rpm/Serial ATA HDD)などの構成を選択できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.