ニュース
» 2009年12月02日 05時30分 UPDATE

USB機器をすこぶる簡単に無線化する「net.USB」とは (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

net.USB「ETG-DS/US」でできること

 USB機器を容易にLAN機器化することで、コンシューマーPCユーザー用途においては、

  • USB接続のHDDを家庭内で共有する(ネットワークHDD/擬似NAS化できる)
  • USB接続の(現在所持する)プリンタ(やスキャナ、メモリカードリーダーなど)をネットワークプリンタにする
  • NetbookやノートPCで、光学ドライブを物理的な接続なしに利用する
  • USB地デジチューナーで受信する番組を、無線LAN接続したPCで視聴する
  • USB接続のWebカメラをネットワーク対応Webカメラにする

 などの利用シーンが想像できる。ノートPCは特に、便利な無線LAN接続で利用するユーザーも多いが、すでに所有するドライブを利用する時だけ手元のPC操作で無線接続で利用できるようになると、その利便性はさらに高まる。まずはHDDをネットワークドライブ代わりとするコンテンツの共有や再生、ワイヤレスDVDプレーヤーなどとして応用できるだろう。

photophoto  
photo 現在所持するプリンタをそのまま“ネットワークプリンタ化”できる。双方向通信に対応する(普通にPCへUSB接続する場合と同等機能となる)net.USBクライアントを用いる方法のほか、簡易プリントサーバ機能も備える

 このほか、プリンタやテレビチューナー機器の接続も利用ニーズが高そうだ。プリンタの利用はnet.USBクライアントで接続する方法とプリントサーバ機能を使う方法を選択して活用できる。net.USBクライアントを利用すると、インク残量やエラー情報などを取得する双方向通信にも対応するが接続は1台のみ、プリントサーバ機能はnet.USBクライアントを用いず複数台のPCから同時に印刷できるが、双方向通信は非対応となる機能の違いがある。

 テレビチューナー機器は、無線LAN接続でUSB接続した場合と同様にデジタル放送の視聴やPCへの録画が可能だ。“テレビチューナー機器はどれでもOK”ではなく「動作検証を随時実施中である」(アイ・オー・データ機器)という現状に若干の注意が必要だが、2009年12月現在、同社製のデジタル3波(地上/BS/110度CS)対応チューナー「GV-MC7/VZ」やUSBスティック型のワンセグチューナー「GV-SC300」「GV-SC400」が動作確認済み機器とされ、miniB-CASカード対応の小型地デジチューナー「GV-MVP/HZ3」「GV-MC7/HZ3」や過去テレビチューナー製品の動作検証も進めているという。

photophoto PCに「net.USBクライアント」(ETG-DS/USに付属。家庭内のPCへ何台でもインストール可能)をインストール・常駐させて利用する。Windows 7搭載PCのデモ機における使用メモリ量は2.8Mバイトほどと、それほどシステムを圧迫しないであろう値だった

 ETG-DS/USは2基のUSB 2.0と1基の1000BAST-T対応有線LAN端子を備え、USBハブの利用で最大15インタフェース分のUSB機器を同時に接続できる。例えばインクジェット複合機は、プリンタ機能とスキャナ機能が個別でPCに認識され、マルチメモリカードリーダーは対応するメモリカード分の3〜5つほど、パーティションを切ったHDDはそのパーティション数分のマスストレージデバイスとして同じくPCに認識される。15“インタフェース分”と示すのはこのためのようで、合計15“台”でないことに注意したい。


 USBを無線化する技術には近距離用の無線通信技術“UWB(Ultra Wide Band)”を用いた「Wireless USB」がすでに存在するが、残念ながら一般PCユーザーに広く普及しているとは言いがたい。その点、net.USBは有線/無線LANとUSB 2.0という昨今のPCにはほぼ標準で備わるインタフェースで利用でき、かつ現在所持する機器をそのまま活用して“容易に機能を追加”できるメリットがある。「市場規模としてはニッチかもしれない」と同社は述べるが、応用範囲はかなり広いと思われ、一般PCユーザーが「意外に便利そうだ」と、いろいろな応用方法や利用シーンを思いつく可能性は秘めている。今後の展開と普及に期待したい。



前のページへ 1|2       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-