ニュース
» 2009年12月07日 14時00分 UPDATE

Clarkdale待たないでLynnfield買いなされ:Intel in Osaka 2009 Winterで大阪日本橋を駆け巡る (1/2)

インテルが大阪日本橋で「ユーザー参加型」のお祭りイベントを行っている。次の週末には「神様」も降臨する予定とのこと。

[長浜和也,ITmedia]

日本橋に隠れている7人のバニーマンを探せ

 12月4日と5日に、インテルは大阪日本橋でユーザー参加型のイベント「Intel in Osaka 2009 Winter わくわくドキドキの4日間」(以下、Intel Osaka 2k9)を行った。すでに、4日と5日のイベントは終了したが、12月12日と13日にもスタンプラリーをはじめとする関連イベントやキャンペーンが実施される。この“お祭り”イベントの情報を、4日に行われた画像とともに紹介しよう。

 Intel in Osaka 2009 Winterは、日本橋オタロードに設けられた特設抽選会場をメインに、大阪の日本橋にあるPCショップの「ソフマップ ギガストア なんば店 ザウルス 2」「TWOTOP 大阪日本橋店」「ドスパラ 大阪・なんばPrime館」「パソコン工房 本店」「フェイス 大阪日本橋店」「マウスコンピューター 大阪ダイレクトショップ」が参加する。

 このイベントでは、特設抽選会場と参加する6店舗で7つのスタンプを集めるスタンプラリーをはじめ、インテルの“神さま”天野伸之氏や技術本部の土岐英明氏と秋庭正之氏、マーケティング本部の梶原武志氏といった、記者説明会では常連の第一級スタッフが、“Lynnfield”CPUの解説を行うテクニカルセッション、そして、参加するPCショップがそれぞれ独自に企画したIntel Osaka 2k9連動キャンペーンが実施される。

 スタンプラリーでは、参加ショップと特設抽選会場の“どこか”で来場者を待ち構えている「バニーマン」を探し出して7つのスタンプを集めると抽選を1回、さらに、参加ショップに設置されたデモマシンで視聴できるデモムービーの1つを最後まで見ると示される“キーワード”をチェックすると抽選が3回行える。この抽選では、キヤノンのPowerShot S90やiPod nano 16GBなどが賞品として用意されている。(記事掲載当初、iPod nanoの製品名が正しくありませんでした。おわびして訂正いたします)

 さらに、平日を含むイベント期間中にCore i7シリーズ、Core i5シリーズを購入したユーザーは、そのレシートを特設抽選会場に持ち込むと(ただし、次の持ち込みは週末の12日と13日に限る)、ソニーの大型液晶テレビ「BRAVIA KDL-32J5」やワコムのペンタブレット「Bamboo Fun CTH-661」、PCバッグ、バニーマン人形、ストラップなどが当たる抽選に、購入した製品1つにつき1回参加できる。

kn_io2k9_21.jpgkn_io2k9_19.jpgkn_io2k9_20.jpg 日本橋オタロードに設けられたIntel Osaka 2k9特設抽選会場。ここでインテルスタッフのテクニカルセッションも行われる。天候に恵まれた4日は多数の参加者で日本橋もにぎわい、抽選待ちの行列は一時、交差点を越えて隣のビルまで伸びていた。イベントの参加ショップ6店舗でスタンプを押してもらい、最後は特設会場のバニーマンでコンプリートするのが美しいかと

kn_io2k9_16.jpgkn_io2k9_17.jpgkn_io2k9_18.jpg Intel Osaka 2k9の目的の1つが「Lynnfield」世代CPUの訴求だ。特設抽選会場では、HDコンテンツでトランスコード処理における性能をCore i7-870とCore 2 Duo E6600とで比較するデモが紹介される。インテル マーケティング本部の梶原武志氏は、「いま、CPUを買うなら、実売価格が下がってきたCore i7、Core i5がお勧め。CPUにグラフックスコアを統合した新しいモデルが登場する予定だが、性能を重視するユーザーは待つ必要はない」と、新モデルを意識した買い控えをさりげなくけん制した。スタンプラリーの抽選で当たる賞品のほかに、イベント期間に対象製品を購入すると参加できる抽選もある。こちらでは、大型液晶テレビやワコムのペンタブレットが用意されているが、参加者にもれなく当たる「Skull Gear」ノベリティセットが、意外と豪華でうれしい

kn_io2k9_15.jpgkn_io2k9_13.jpgkn_io2k9_14.jpg 特設会場ではインテルスタッフによるテクニカルセッションが行われる。4日は技術本部の秋庭正之氏とマーケティング本部の梶原武志氏が登場。記者説明会では常連の秋庭氏もエンドユーザーの前で話すのは初めてということで「いや、緊張しました」とのこと(Intel in Akiba 2009 Summerでステージに立ったことは忘れていたようだ)。しかし、インテル ハイバースレッディング・テクノロジーやインテル ターボ・ブースト・テクノロジーを、イラストを使って分かりやすく、かつ、よどみなく紹介した。12日と13日のスピーチセッションでは天野伸彦氏と土岐英明氏が登場する

kn_io2k9_22.jpgkn_io2k9_23.jpgkn_io2k9_24.jpg Intel Osaka 2k9に参加するショップにはデモマシンが設置されている。Core i7-870+DDR3 4Gバイト+Windows 7マシンとCore 2 Duo E6600+DDR2-1Gバイト+Windows XPマシンでHD画像、HD動画、ゲームにおける性能比較を行うデモムービーが流れる。3本用意されたムービーのうち1本でも最後まで見れば、スタンプラリーの抽選が3回できるキーワードが分かる。ちなみに、デモムービーのナレーションは、三石琴乃さんが起用された。インテルの梶原氏的には「エヴァンゲリオンのミサトさん」がキーワードのようだが、記者の個人的意見としては「むしむしQの三石さん」だったりする

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう