ニュース
» 2010年01月20日 13時59分 UPDATE

Magic MouseをWindowsで:アップル、Windows 7対応の「Boot Camp 3.1」を公開

アップルがWindows 7に正式対応する「Boot Camp 3.1」をリリースした。最新iMacへWindows 7をインストールするためのドライバも公開。

[ITmedia]

Magic Mouseをサポートした最新Boot Camp

og_bootcamp_001.jpg

 1月19日、アップルが「Boot Camp 更新プログラム 3.1」を公開した。これは2009年内のリリースが予定されていたもので、今回の改訂では32ビット/64ビットWindows 7(Home Premium/Professional/Ultimate)に正式対応したほか、Apple Wireless KeyboardとMagic Mouseがサポートされた。また、トラックパッド使用時に起こる問題の修正も含まれるという。この更新は「すべてのBoot Campユーザーに強く推奨」されている。プログラムのサイズは32ビットWindows版が380.73Mバイト、64ビットWindows版が274.58Mバイトだ。

 このほか、Windows VistaからWindows 7へアップグレードする際に起こる不具合を回避する「Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade」と、21.5型/27型の最新iMacにWindows 7をインストールするのに必要なドライバ「iMac Late 2009 Windows 7 Drivers」もリリースされた。27型iMacではBoot Camp 3.0に含まれるドライバが2560×1440ドット表示をサポートせず、Windows 7をインストールする途中で画面がブラックアウトしてしまう問題が知られている(このため、27型iMacにWindows 7をインストールするには、これまでコマンドプロンプトから手動でATIドライバを削除するなどの手順を踏む必要があった)。

→関連記事:「Boot Camp 3.1」で64ビット版Windows 7を試してみた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-