ニュース
» 2010年02月08日 12時40分 UPDATE

MS、小型なのに自然に使える立体デザイン採用ワイヤレスキーボード「Arc Keyboard」

マイクロソフトは、独自の立体的デザイン採用の薄型ワイヤレスキーボード「Microsoft Arc Keyboard」を発売する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月8日、独自デザイン採用の薄型ワイヤレスキーボード「Microsoft Arc Keyboard」を発表、2月26日より販売を開始する。ブラックとホワイト(日本限定)の2カラーバリエーションを用意、価格は5985円(税込み)だ。

photophoto Microsoft Arc Keyboard

 Microsoft Arc Keyboardは、テンキーレスのコンパクト設計を採用したワイヤレスキーボード。立体的にカーブした独自形状により、小型キーボードながらも窮屈にならないタイピングを可能とした、としている。

 無線通信は2.4GHz帯ワイヤレスを使用。バッテリーは単四形アルカリ乾電池×2で動作、駆動時間は約18カ月となっている。本体サイズは310(幅)×155(奥行き)×19(高さ)ミリ、重量は約363グラム(電池含む)。対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista/7、Mac OS X 10.4〜10.6.x。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう