ニュース
» 2010年02月09日 12時40分 UPDATE

レノボ、ミニタワー筐体採用のエントリーWS「ThinkStation E20」

レノボは、エントリークラスモデルとなるミニタワー筐体採用ワークステーション「ThinkStation E20」を発表した。

[ITmedia]
photo ThinkStation E20

 レノボは2月9日、エントリークラスモデルとなるミニタワー筐体採用ワークステーション「ThinkStation E20」を発表、2月下旬頃より販売を開始する(Web販売は3月下旬の予定)。グレードに応じた計9タイプの構成モデルを用意、価格は8万1900円(Core i3-530搭載モデル)〜18万6900円(Core i5-670搭載モデル)。

 ThinkStation E20は、デスクトップワークステーション「ThinkStation」の下位クラスモデルで、マザーボードにはIntel 3450 Expressチップセット搭載製品を採用。CPUはCore i3/i5、Xeon X3430/3450を搭載した。

 TCG v1.2準拠のセキュリティチップを装備。メモリはDDR3 2Gバイト/4Gバイト、HDDは250Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載する。グラフィックスカードはチップセット内蔵のIntel HDグラフィックス、およびQuadro FX 380/NVS 450などを備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう