ニュース
» 2010年02月17日 12時23分 UPDATE

ASUS、約8万円からのCore i3/i5搭載ノート「K52F」を発売

ASUSTeKは、CPUとしてCore i3/i5を標準搭載したノートPC「K52F」を発表した。

[ITmedia]
photo K52F

 ASUSTeKは2月17日、CPUとしてCore i3/i5を標準搭載したノートPC「K52F」を発表、2月20日より発売する。価格は、Core i3搭載モデルの「K52F-SX003V」が7万9800円、Core i5搭載モデルの「K52F-SX005V」が8万9800円(双方税込み)。

 K52Fは、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵する2スピンドルタイプのノートPCで、CPUとしてCore i3-350M/i5-430Mを標準装備したモデル。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

 メモリはDDR3 2Gバイト/4Gバイト、HDDは320Gバイト/500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。ほか、30万画素Webカメラ/IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth V2.1+EDRなども利用できる。バッテリー駆動時間は約3.5時間。本体サイズは380(幅)×255(奥行き)×34.5〜35.7(高さ)ミリ、重量は約2.6キロ。

関連キーワード

Core i3 | Core i5 | ASUS | ノートPC | Windows 7


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう