ニュース
» 2010年03月16日 14時34分 UPDATE

エレコム、アイソレーション設計採用のUSBキーボード「TK-FCM015」

エレコムは、キー間隔を離した“アイソレーション設計”が特徴のUSBキーボード「TK-FCM015」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo TK-FCM015BK

 エレコムは3月16日、キー間隔を離した“アイソレーション設計”が特徴のUSBキーボード「TK-FCM015」シリーズを発表、4月上旬より発売する。ブラックとホワイトの2カラーを用意、価格はともに4200円(税込み)。

 TK-FCM015シリーズは、USB接続に対応した日本語108配列採用キーボードで、キートップはカナ表記を排したシンプルデザインとなっている。キースイッチはメンブレン方式を採用。キーストロークは2ミリと、一般的なメンブレン式キーボードより浅いストロークで入力でき、軽快なキータッチを実現している。

 本体サイズは423(幅)×120(奥行き)×28.4(高さ)ミリ、重量は約470グラム。

関連キーワード

キーボード | エレコム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう