ニュース
» 2010年03月17日 16時20分 UPDATE

日本HP、新デザイン筐体採用のAtom搭載ミニノート「HP Mini 210」

日本ヒューレット・パッカードは、10.1型ワイド液晶内蔵のAtom搭載ミニノートPC新モデル「HP Mini 210」を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は3月17日、10.1型ワイド液晶内蔵のAtom搭載ミニノートPC新モデル「HP Mini 210」を発表、本日より販売を開始する。価格は4万9980円(税込み)。

photophoto HP Mini 210  ※画像右は海外版モデルのもの

 HP Mini 210は、1024×600ドット表示対応の10.1型ワイド液晶を搭載したミニノートPCで、傷に強いデザインパターンを施した「HP Imprint」を筐体に採用したのが特徴だ。

 CPUはAtom N450(1.66GHz)、メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは250Gバイトを内蔵。キーボードはアイソレーションデザインの分割キーを採用、タッチパッド部はクリックボタンを一体化した「クリックパッド」が用いられている。OSはWindows 7 Starterを導入。本体サイズは268(幅)×179(奥行き)×23.5〜28.5(高さ/突起部除く)ミリ、重量は約1.18キロとなっている。


 また日本HPは、フラッグシップデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC HPE190jp/CT(春モデル)」のカスタマイズオプション増強を発表した。新たにCPUとしてCore i7-980X Extreme Editionが選択可能となっている。Core i7-980X選択時の最小構成価格は19万9500円(税込み)。

関連キーワード

HP | ミニノートPC | HP Mini | Atom | Core i7 | デザイン | Windows 7


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.