ニュース
» 2010年03月24日 14時02分 UPDATE

アイ・オー、ミラーリング対応のエントリーNAS「HDL2-S」

アイ・オー・データ機器は、3.5インチHDD2基によるミラーリングに対応したエントリーNAS「HDL2-S」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo HDL2-Sシリーズ

 アイ・オー・データ機器は、ミラーリング対応のエントリーNAS「HDL2-S」シリーズを発表、4月下旬より出荷を開始する。価格は2Tバイトモデルが3万7000円、3Tバイトモデルが4万7700円、4Tバイトモデルが6万3600円。

 HDL2-Sは、計2基の3.5インチHDDを内蔵したNASで、スパンニングモードのほかRAID-1構成にも対応。接続インタフェースはギガビット対応LAN、およびUSB 2.0の両対応するハイブリッド仕様となっている。

 DLNAサーバ機能やiTunesサーバ機能を搭載するほか、インターネット経由で外部からもアクセス可能な「リモートリンク」機能も備えた。本体サイズは約90(幅)×135(奥行き)×176(高さ)ミリ、重量は約2.2キロ。


photo HDL-XR2Uシリーズ

 またアイ・オー・データ機器は、19インチラックマウント対応のRAID-6対応NAS「HDL-XR2U」シリーズを発表、4月中旬より出荷を開始する。価格は2Tバイトモデルが12万7000円、4Tバイトモデルが14万8000円、6Tバイトモデルが18万円、8Tバイトモデルが24万3000円。

 ラックマウント設置対応のビジネス向け高機能NASで、RAID-0/1/5/6および5+ホットスペア/1m+ホットスペア構成をサポート。高速プロセッサの搭載により、最大同時接続数を32セッションまで強化したほか、同時アクセス時の速度低下も軽減されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう