ニュース
» 2010年03月29日 11時11分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「これはマジで使えますって」――実用度の高いUSB 3.0対応パーツ (1/4)

USB 3.0対応の外付けHDDが3000円前後で作れるパーツや、2万円以下で640Gバイトの容量を持つUSB 3.0 HDDが登場した。本格普及はもうすぐ?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「これらがブレイクしたら、USB 3.0が本格的にくるかな?」――USB 3.0関連の新製品が安い!

og_akiba_001.jpg タイムリー「UD-3000SA」

 最近パーツショップに入荷されたイチオシの新製品を聞いたところ、意外なアイテムが多くの票を集めた。最も名前が挙がったのは、タイムリーのSATA IIドライブ用アダプタ「UD-3000SA」。3000円前後で販売されており、在庫は潤沢だ。UD-3000SAは、SATA IIタイプの内蔵ドライブを外付け化するアダプタで、変換インタフェースがUSB 3.0に対応している。

 USB 2.0に対応する同種の製品は各社から多数リリースされており、相場は1500円から2000円強。そこからわずか1000円程度のプラスでUSB 3.0化できるという点が注目されているようだ。

 ソフマップ秋葉原本館は「デバイス側のUSB 3.0アイテムとしては最安になりそう。内蔵ドライブ用のUSBアダプタは定番の人気商品ですが、この安さでUSB 3.0に対応できたのは驚きです。汎用性も高いですし、これは本当に実用性が高い。ヒットすると思います」と語る。

 デバイス用のUSB 3.0関連アイテムとしては、これまでに外付けHDDや外付けHDDキット、USBメモリ大のSSD、外付け光学ドライブなどが登場している。同店は「ラインアップの増加ペースが速いのはもちろん、USB 2.0対応アイテムとの価格差もすごいスピードで縮まってきていることに注目しています。UD-3000SAのように1000円差程度ならUSB 3.0対応のモデルを選ぶ人が多いでしょう。もしUD-3000SAが内蔵ドライブアダプタのなかで際だった人気商品になったら、それはニーズの切り替わりのちょっとした合図になるかもしれませんね」とジャンル全体の動向についても言及した。

 そうした流れを後押しするように、リーズナブルなUSB 3.0対応のポータブルHDDも買いやすくなっている。3月初旬にバッファローから「HD-PEU3-BK」シリーズが登場しているが、先週はPQIからも「H566シリーズ」がデビューしている。実売価格は、640Gバイトモデルが1万8000円弱で、500Gバイトモデルが1万4000円弱、320Gバイトモデルが1万円弱だ。USB 3.0端子は、一般的なガム型(Aタイプ)を採用している。

 入荷したパソコンハウス東映は「同社のUSB 2.0対応ポータブルHDDと比べると、価格はそれぞれ3000円から5000円程度高くなりますが、最大容量の640Gバイトモデルでも1万8000円以下で買えるとあって、比較的買いやすい印象を受けます。やはり、扱うデータ容量が大きくなるほどインタフェースの速度が重要になってきますから、頻繁に数10Gバイトのデータを出し入れするような人にオススメですね。USB 2.0環境でも使えますが、コピー時の待ち時間は段違いの差が出ます」とプッシュしていた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg UD-3000SAの本体。こちらもAタイプの端子を採用している(写真=左)。PQI「H566シリーズ」(写真=中央/右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.