ニュース
» 2010年03月31日 13時01分 UPDATE

AMD、「DisplayPort6基搭載」Radeon HD 5870の概要を公開

AMDは、6台のディスプレイを連結した画面出力が可能な「Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」に関するスペックや性能の概要を明らかにした。

[ITmedia]
kn_5870ef_01.jpg 6基のmini DisplayPortを搭載した「Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」

 AMDは、6画面を連結した画面出力が可能な「Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」の概要を明らかにした。

 「Radeon HD 5870 Eyefinity」(以下、Radeon HD 5870 Ef)はAMDの多画面連結出力技術「ATI Eyefinity Technology」に対応した、6画面連結出力に対応するモデルだ。Radeon HD 5870 Efは、その6画面出力に対応するべく、画面出力インタフェースに6基のmini DisplayPortを備える。AMDが明らかにした資料によると、6画面同時出力時で最大解像度は7680×3200ドットが可能だ。

kn_5870ef_02.jpgkn_5870ef_03.jpg 「ATI Eyefinity Technology」では、6画面を連結して1つの画面を高解像度で表示したり(写真=左)、それぞれの画面を独立して同時に表示したり(写真=右)が可能だ

 グラフィックスメモリはGDDR5を2Gバイト搭載、コアクロックは850GHz、搭載する統合型シェーダユニット(ストリームプロセッサ)は1600個、消費電力はアイドル時34ワット、最大228ワットと消費電力以外のGPUスペックは通常のRadeon HD 5870と共通する。

 AMDが測定したデータによると、1920×1080ドットの6画面表示条件で測定したゲームタイトルのベンチマーク結果はいずれも30fpsを超えて快適なゲームプレイが可能としている。また、グラフィックスメモリが1Gバイトのモデルと2Gバイトのモデルで1920×1200ドット×3画面の条件でゲームタイトルのベンチマークテストを行った場合、1Gバイトモデルを100とした2Gモデルの相対値は110から150、最高で250を超える結果になったという。

kn_5870ef_04.jpgkn_5870ef_05.jpg AMDが測定した6画面連結描画におけるゲームタイトルを使ったベンチマークテストの結果。グラフィックスメモリの容量でも大きく性能が変わっている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう