ニュース
» 2010年04月06日 17時00分 UPDATE

三菱、低消費電力パネル採用の23型フルHD液晶「RDT232WLM」

三菱電機は23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT232WLM」「RDT232WLM(BK)」を4月23日に発売する。低消費電力液晶パネルの採用により、消費電力を抑えているのが特徴だ。

[ITmedia]
tm_1004_rdt232wlm_01.jpg 左がホワイトモデルの「RDT232WLM」、右がブラックモデルの「RDT232WLM(BK)」

 三菱電機は4月6日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」シリーズの新モデルとして、省電力設計の23型ワイドモデル「RDT232WLM」および「RDT232WLM(BK)」を発表した。発売日は4月23日の予定だ。価格はオープン、実売価格は2万7800円前後と予想される。

 特徴は低消費電力液晶パネルを採用したことで、消費電力を従来機(RDT231WLM)と比較して約35%削減した。また回路設計の見直しによって、スリープモード時で0.35ワット以下、オフモード時で0.2ワット以下まで消費電力を抑えている(AC100ボルト時)。標準の消費電力は33ワットだ。

 省エネ機能の「ECO Professional」もサポートしており、表示画像の明るさに応じて輝度を自動的に下げて消費電力を減らす「ECO設定」、省エネ電力値をリアルタイムにOSD表示する「ECOメーター」、累積省エネ電力量や累積CO2削減量、省エネ率をOSD表示する「省エネ管理」などが利用できる。

 23型ワイド液晶パネルはTN方式のノングレアタイプを採用。画面解像度は1920×1080ドット(フルHD)、表示色は約1677万色(10ビットガンマ機能による10億6433万色中)、輝度は250カンデラ平方メートル、コントラスト比は5000:1(CRO非動作時1000:1)、視野角は上下160度/左右170度、応答速度は5msだ。

 インタフェースはアナログD-Sub、DVI-D(HDCP対応)、HDMIの3系統を装備。出力1ワット+1ワットのステレオスピーカー、ステレオミニの音声入力、ヘッドフォン出力端子も備えている。

 本体サイズは546(幅)×230(奥行き)×450(高さ)ミリ、重量は約5.6キロ。上20度/下5度のチルト角度調整が行えるほか、着脱することで高さが段階的に変えられるブロックネック×3(30ミリ/段)を採用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう