ニュース
» 2010年04月08日 12時28分 UPDATE

ダウンロードソフト大賞も発表:「日本ダウンロードソフト振興協会」発足

DLソフト販社と卸業6社が、普及促進や環境整備を目的とする「日本ダウンロードソフト振興協会」を設立。合わせて「ダウンロードソフト大賞」も実施する。

[ITmedia]
photo  

 インターネットのダウンロードソフト販売会社3社とダウンロードソフト卸業3社は4月8日、ソフトウェアの普及促進を目的とした協会「日本ダウンロードソフト振興協会」を設立したと発表した。

 参加企業はベクター、NECビッグローブ、楽天(以上ダウンロードソフト販売)、ソフトバンクBB、丸紅インフォテック、インターチャネル(以上ダウンロードソフト卸業)。発起人は楽天 取締役 常務執行役員の鈴木尚氏。

 設立に合わせて、ダウンロード販売サイトで取り扱うものの中から評価や機能面で優れた商品を表彰する「ダウンロードソフト大賞」を開催。第1回受賞賞品を発表した。

第1回 ダウンロードソフト大賞
ダウンロードソフト大賞 ウイルスバスター(トレンドマイクロ)
ダウンロードソフト特別賞 Diskeeper(相栄電器)
ベクターPCショップ賞 Acronis True Image(ラネクシー)
楽天ダウンロード賞 てきぱき家計簿マム(テクニカルソフト)
BIGLOBE SOFTPLAZA賞 らくちん動画変換(メディアナビ)

 大賞の発表を記念し、各受賞賞品をダウンロード販売3サイトで特価販売するキャンペーンを実施する。期間は2010年4月8日〜2010年5月5日。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.