ニュース
» 2010年04月20日 16時55分 UPDATE

録画時間は“そこにHDDがある限り”:「6番組丸ごと録画」対応ワンセグレコーダー登場、ソフィアデジタルから

ソフィアデジタルは、6つのワンセグチューナーを内蔵する「ArecX 6チューナーレコーダー」を発売した。外付けHDDを用い、同時に6つのワンセグ番組を“容量ある限り”録画する。

[ITmedia]
photo 「ArecX 6チューナーレコーダー」

 ソフィアデジタルは、ワンセグ6番組を同時録画できるチューナーユニット「ArecX 6チューナーレコーダー」を4月14日に発売した。価格は3万4800円(税込み、以下同)。同社直販サイト「ソフィアダイレクト」で2万9800円に値下げ販売する発売記念キャンペーンを行う(2010年7月13日まで)。

 ArecX 6チューナーレコーダーは、6基のワンセグチューナーとUSB 2.0×1、eSATA×1、1000BASE-T対応有線LANなどのインタフェースを搭載する「ワンセグ6番組丸ごと録画」対応レコーダー。USBないしeSATA接続に対応する外付けHDDを別途接続し、ストレージ容量がある限りワンセグ番組を自動で録画し続ける機能と、録画した番組をネットワーク経由でLAN内PCなどから視聴できる機能を備える。

 1TバイトのHDDであれば、約8000時間分の番組を録画可能。標準設定では、ストレージの空き容量が少なくなると古い番組から自動消去し、上書きする仕組みとなっている。

 本体サイズは206(幅)×142(奥行き)×48(厚さ)ミリ、重量は約700グラム。対応OSはWindows 7/Vista(SP2以降)/XP(SP2以降)。本体のほか、ACアダプタやアンテナ、MCX-F端子変換ケーブル、ソフトウェアCD-ROMなどが付属する。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.