ニュース
» 2010年04月26日 17時30分 UPDATE

シトリックスとの共同キャンペーンも展開:MS、企業向けのデスクトップ仮想化製品を強化

マイクロソフトが企業向けのデスクトップ仮想化技術とソリューションを拡充。VDIライセンスの改定と低コスト化を行い、シトリックスとの共同キャンペーンも行う。

[ITmedia]
tm_1004ms-vdi01.jpg 中川哲氏

 マイクロソフトは4月26日、エンタープライズ向けのデスクトップ仮想化技術とソリューションを拡充すると発表した。デスクトップ仮想化技術のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)におけるライセンスを改定し、シトリックス・システムズ・ジャパンとの共同施策を行う。

 発表会で登壇したマイクロソフト コマーシャルWindows本部 本部長の中川哲氏は、「すべてを網羅する製品ラインアップ、高い親和性と統合管理、高いコスト競争力をデスクトップ仮想化戦略の3本柱とし、シトリックスとの協業も含め、VDI市場でリーダーシップを発揮していきたい」と述べた。

VDIライセンスのシンプル化と低コスト化を実施

 VDIライセンスの改定については、ライセンスのシンプル化と低コスト化を行った。ボリュームライセンスのユーザーにオプションで提供されるアップグレード/各種サポートサービス群「Windows Software Assurance」(Windows SA)の契約者は、2010年7月1日から、サーバ上で集中管理される仮想化デスクトップの使用権およびリモートアクセス権がWindows SAに含まれるようになり、VDI環境でWindows OSを利用する場合でも個別のライセンス購入が不要になるため、実質約30%の低価格化が見込めるという。

 この変更に伴い、従来Windows SAを保有しているユーザー向けに提供していたライセンス「Virtual Enterprise Centralized Desktop for Software Assurance」(VECD for SA)は6月30日で提供を終了する。また、従来Windows SAを保有していないユーザー向けに提供していたVECDについては、約10%低価格なライセンス「Windows Virtual Desktop Access」(Windows VDA)に切り替わる。

tm_1004ms-vdi02.jpg 従来のVDIライセンス。VDIの導入には多数のライセンスが必要だった
tm_1004ms-vdi03.jpg 2010年7月1日からVECD for SAをWindows SAの特典として提要する
tm_1004ms-vdi04.jpg ライセンス改定による値引き率

日本語環境や64ビット環境のサポートが進む

 また、マイクロソフトは企業向けデスクトップ導入・管理支援ソフトウェア群「Microsoft Desktop Optimization Pack for Software Assurance」(MDOP)の新バージョン「MDOP 2010 Refresh」を2010年4月2日にリリースした。

 MDOP 2010 Refreshでは、仮想OS配信技術「Microsoft Enterprise Desktop Virtualization 1.0 SP1」(MED-V 1.0 SP1)における日本語環境での動作ならびにWindows 7のサポートや、仮想アプリケーション配信技術「Microsoft Aplicarion Virtualization 4.6」(App-V 4.6)におけるVDI環境向けディスク容量節約機能、64ビットクライアントOS/64ビットアプリケーションサポートなどの機能が追加されている。

 App-V 4.6では近日提供予定の「Microsoft Office 2010 Deployment Kit for App-V」を導入することで、Office 2010を仮想化した際、従来の仮想化されたMicrosoft Officeよりも多くの機能が利用可能になる予定だ。

tm_1004ms-vdi05.jpg 日本語環境や64ビット環境への対応を進めた、MDOP 2010 Refreshをリリース
tm_1004ms-vdi06.jpg MED-V 1.0 SP1導入のメリット。XPモードを個別のクライアントPCに導入する場合に比べ、大量導入に向いた自動化設定などがそろっている
tm_1004ms-vdi07.jpg マイクロソフトのデスクトップ仮想化製品群

tm_1004ms-vdi08.jpgtm_1004ms-vdi09.jpgtm_1004ms-vdi10.jpg MED-V 1.0 SP1の操作画面。仮想OSを配布する際、割り当てるユーザーやワークグループを設定したり、IE6で表示させるサイトを登録したり、スクリプトによってコンピュータ名の変更、OSの再起動、ドメインの参加、任意のコマンドラインの実行などを自動化したりできる。「日本語環境をサポートしたことで、やっとMED-Vを紹介できた。XPモードとどこが違うのか、アドバンテージが分かってもらえると思う」(中川氏)

シトリックスとの共同VDIキャンペーンも展開

 さらに、マイクロソフトとシトリックスは共同VDIキャンペーンとして、VMware VDIユーザー向けの無償プログラムならびにVDIクイックスタートを2010年4月26日開始した。2010年12月末まで実施する。

 VMware VDIユーザー向け無償プログラムは、VMware Viewを利用中のユーザー向けに、プラットフォームの移行を支援する「Microsoft Virtual Desktop Infrastructure Standard Suite」「Citrix XenDesktop VDI Edition」のライセンスを1社あたり最大500本まで無償提供するというもの。

 VDIクイックスタートでは、新規でVDIを採用する場合にMicrosoft Virtual Desktop Infrastructure Standard Suiteのライセンスを最大約70%オフで、Citrix XenDesktop VDI Editionのライセンスを最大約50%オフで購入できる。

tm_1004ms-vdi11.jpg マイクロソフトのVDIソリューションとCitrix XenDesktopを組み合わせたデスクトップ仮想化環境。1つのマスターイメージから複数の仮想イメージを展開できるのが大きなメリットとする
tm_1004ms-vdi12.jpg シトリックスとの共同VDIキャンペーンとして、VMware VDIユーザー向けの無償プログラムと、VDIクイックスタートを開始。2010年12月末まで展開する
tm_1004ms-vdi13.jpg 競合製品の上位エディションでは、年間1万9950円(シトリックスによる参考価格)かかるが、マイクロソフトとシトリックスのソリューションでは高機能ながら、キャンペーンの利用によって年間3916円しかかからないとアピール

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう