ニュース
» 2010年05月18日 15時42分 UPDATE

バッファロー、ドコモ3G網対応WiFiルータ「ポータブルWi-Fi」を開発

ドコモの3G網が使える「ポータブルWi-Fi」を、バッファローが開発。近日、NTTBPと共同で詳細を発表する。3G/公衆無線LAN/自宅回線を、状況に応じてシームレスに切り替えて利用できる。

[ITmedia]
photo 近日、詳細発表予定のバッファロー「ポータブルWi-Fi」

 バッファローは5月18日、NTTドコモ2010年携帯夏モデルの発表を受け、NTTドコモのFOMAネットワークで使用できるモバイル無線LANルータ「ポータブルWi-Fi」を開発したと発表。5月25日にバッファロー、NTTBPが合同で詳細を発表する。

 Portable Wi-Fiは、ドコモのデータ通信向け料金プラン「定額データプラン」のスタート割引キャンペーンに対応する機器として展開し、PC、iPadやiPhone/iPod touch、スマートフォン、携帯ゲーム機などの無線LAN機能を搭載する機器を、ドコモの3G網や公衆無線LAN環境を共有してインターネットに接続できるのが特徴。3G/公衆無線LAN/自宅のADSLやFTTH回線をシームレスに切り替える機能も備える。

 本体サイズは95(幅)×64.4(高さ)×17.4(厚さ)ミリ、重量は約105グラム。バッテリー動作時間は一般通信時で連続約6時間、スタンバイ時で約30時間。同時接続数は最大6台まで。公衆無線LANのルーティングは、FREESPOT、HOTSPOT、フレッツスポット、Mzone、BBモバイルポイントに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.