ニュース
» 2010年05月18日 17時20分 UPDATE

MARSHAL、自作PCユーザー向け新ブランド「新丸印」を立ち上げ

MARSHALは、自作PC関連製品の新しいブランドを立ち上げた。第1弾として、“478ピン対応CPUソケット”搭載マザーボード2モデルなど6製品が登場する。

[ITmedia]

 MARSHALは、5月18日に自作PC関連製品のブランド「新丸印」(しんまるじるし)を立ち上げ、第1弾製品としてマザーボード2モデル、サウンドカード2モデル、電源ユニット2モデルを発表した。発売は6月15日の予定だ。

「新丸印」のコンセプトは「ユーザーに近い目線で作ったDOS/Vパーツ」だが、それに加えて、ブランドを立ち上げた丸山剛臣氏は「ベテランユーザーが使わない古いパーツを利用して、初心者が安くPCを自作できる製品を提供して自作PC市場を活性化したい」という目的も紹介している。

 今回登場するマザーボードは、「MAMR-G31-478」と「MAMR-865GV」の2モデルで、どちらも478ピン対応のCPUソケットを搭載するmicro ATXフォームファクタであるのが特徴だ。MAMR-G31-478は、Intel G31 ExpressチップセットとICH7の組み合わせを採用し、PCI Express x16スロットに外付けグラフィックスカードを組み込んで使うことも可能だ。ICH7を載せているのでSerial ATA接続HDDも利用できる。メモリはDDR2 800/DDR2 600に対応する。

 MAMR-865GVはIntel 865GVチップセットとICH4をそれぞれ採用する。グラフィックスカード用の拡張スロットはAGP 8xが用意されるほか、Serial ATAインタフェースも1基利用できる。メモリはDDR200〜DDR400に対応する。実売価格はどちらも6980円の見込みだ。

kn_maruj_01.jpgkn_maruj_02.jpg 478ピン対応CPUソケットを搭載した新丸印のマザーボード。Intel G31 ExpressとICH7を搭載した「MAMR-G31-478」(写真=左)と、Intel 865GV ExpressとICH4を搭載した「MAMR-865GV」(写真=右)

 サウンドカードは「MAMR-SCYF」と「MAMR-SCCR」の2モデルが登場する。MAMR-SCYFは「YAMAHA XG」(同社リリースによると、「YMF744またはYMF754」と説明されている)を、MAMR-SCCRは「Creative RS1373」をそれぞれ搭載する。実売価格はともに980円。電源ユニットは400ワットモデルの「MAMR400SP0」と500ワットモデルの「MAMR500SP0」が用意される。実売価格はMAMR400SP0が4980円、MAMR500SP0が5980円になる。

kn_maruj_03.jpg YAMAHA XGシリーズのサウンドチップを搭載した「MAMR-SCYF」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう