レビュー
» 2010年05月19日 18時30分 UPDATE

イマドキのイタモノ:「Big Bang-XPower」発表直後出荷直前フォトレビュー (1/2)

MSIのハイエンドマザーボードシリーズ「Big Bang」にIntel X58 Express搭載モデルが登場した。遊び心いっぱいのギミックを、まずは画像でチェックしよう。

[長浜和也,ITmedia]

Big BangにIntel X58 Expressモデルが登場

 MSIの「Big Bang」シリーズは、同社のマザーボードラインアップにおいて、オーバークロック関連の機能やギミックなど、自作PCユーザーの「遊び心」を強烈に刺激するモデルをそろえている。すでに、Intel P55 Expressを搭載した「Big Bang-Trinergy」、同じIntel P55 Expressに加えて「Lucid HYDRA Engine」を採用して、NVIDIAのGeForceシリーズとAMD(ATI)のRadeon HDシリーズを混載したマルチGPU環境構築が可能な「Big Bang-Fusion」が日本市場で登場している。

 5月18日には、Intel X58 Expressを搭載した「Big Bang-XPower」も登場した。“Bloomfield”世代のCore i7 900番台だけでなく、6コアを内蔵した“Gulftown”世代のCore i7-980X Extreme Editionにも対応するBig Bang-XPowerなら、インテル製CPUの最高パフォーマンスをなら存分に引き出すことも可能だ。

 Big Bang-XPowerの出荷は5月21日から始まる予定だ。ここでは、出荷前の同製品を画像を中心に紹介していこう。

kn_xpower_01.jpg 「Big Bang-XPower」はIntel X58 Expressを搭載して“BloomField”“Gulftown”世代のCore i7シリーズに対応するなど、Big Bangシリーズの最上位モデルともいえる

ずらりと並ぶ6基のPCI Express x16スロット

 これまでのBig Bangシリーズで採用された各種ギミックは、Big Bang-XPowerでもほぼ共通する。しかし、Intel P55 Expressがベースであった従来モデルからIntel X58 ExpressとICH10Rの組み合わせに変更されたのにあわせて、メモリスロットや拡張スロットの数が増加しただけでなく、専用コントローラを実装してUSB 3.0とSerial ATA 6.0Gbpsに対応するなど、従来のBig Bangシリーズのマザーボードと比べてBig Bang-XPowerは拡張性が大幅に強化されている。

 USB 3.0コントローラにはNECの「D720200F1」を実装する。ほかのマザーボードでも採用例の多い定番のチップだ。Serial ATA 6GbpsのコントローラはMarvellの「88SE9128」だ。Big Bang-XPowerには、USB 3.0インタフェースがバックパネルに2基、Serial ATA 6Gbps対応インタフェースが基板に2基用意される。

 88SE9128にはRAIDコントローラが組み込まれており、Big Bang-XPowerではRAID 0/1の構築が可能だ。なお、サウスブリッジとして搭載するICH10Rを利用して、RAID 0/1/0+1/5/AHCIの構築もできる。また、88SE9128はeSATAコントローラも内蔵するが、Big Bang-XPowerでは、JMicron Technologyの「JMB 362」を実装して、こちらでバックパネルに用意した2基のeSATAインタフェースを制御している。

kn_xpower_07.jpgkn_xpower_16.jpgkn_xpower_17.jpg USB 3.0はNECの専用コントローラ「D720200F1」で利用する(写真=左)。Serial ATA 6GbpsのコントローラとしてはMarvellの「88SE9128-NAA2」を利用する(写真=中央)。Big Bang-XPowerには、ICH10RがコントロールするSerial ATA 3Gbpsが6基と88SE9128-NAA2が担当するSerial ATA 6Gbpsが2基用意される(写真=右)

kn_xpower_10.jpgkn_xpower_08.jpg 「JMB362」はSerial ATA 3GbpsとeSATAのコントローラだが、Big Bang-XPowerではバックパネルに用意された2基のeSATAを制御する(写真=左)。LANコントローラにはRealtekの「RTL8111DL」を2基実装する(写真=右)

kn_xpower_09.jpgkn_xpower_18.jpg IEEE1394コントローラとして「VIA6315N」を実装する(写真=左)。バックパネルには、2基の有線LAN、2基のUSB 3.0、2基のeSATA(うち1つはUSB 2.0兼用)、そしてIEEE1394と4基のUSB 2.0を備えるだけでなく、CMOSクリアボタンと「OC Dashboard」を接続する専用インタフェースがある(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう