ニュース
» 2010年05月24日 11時00分 UPDATE

2010年PC夏モデル:13.3型液晶+8時間バッテリーで7万円台、WiMAXも内蔵可能──ONKYO「M5シリーズ」

「M5シリーズ」は、CULV版CPUと光学ドライブを内蔵するモバイルノートPC。19ミリピッチのキーボードや8時間動作する長時間バッテリーが特徴で、直販モデルはWiMAXも内蔵できる。

[ITmedia]

8時間バッテリー+1366×768ドットの13.3型ワイド液晶、重量は1.8キロ

photo オンキヨー「M5シリーズ」

 オンキヨーの「M5シリーズ」は、13.3型ワイドの液晶ディスプレイと光学ドライブを搭載するモバイルノートPCだ。超低電圧版のCore 2 SoloとIntel GS45 Expressチップセットを組み合わせたプラットフォームを採用し、光学ドライブを内蔵しながら重量約1.8キロの軽量ボディを実現する。

 店頭モデルは「M513A7」の1機種のみだが、同社直販サイト「ONKYO DIRECT」でメインメモリやネットワークアダプタの仕様、オフィススイートの有無などをカスタマイズできる「DM513」も用意する。発売は2010年6月3日(DM513は5月24日より順次)。価格はオープン、想定実売価格は7万9800円(税込み)前後と予想される。

 基本仕様は2010年春モデルとほぼ共通で、プリインストールOSは32ビット版のWindows 7 Home Premiumとなる。Core 2 Solo SU3500(1.4GHz)、2Gバイトのメインメモリ(PC2-6400対応の2GバイトDDR2 SDRAM×1)、320GバイトのHDD(Serial ATA)、DVDスーパーマルチドライブ、1366×768ドット表示に対応する13.3型ワイド液晶ディスプレイ(LEDバックライト/光沢パネル)、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANなどを搭載し、1000BASE-T対応の有線LANやアナログRGB出力、USB 2.0×3(左×1、右×2)、ExpressCard/34、マルチメモリカードリーダー(SDHC・SDXC対応SDメモリーカード、PRO対応メモリースティック)などのインタフェースを実装する。

 本体サイズは333(幅)×225(奥行き)×12〜31.5(高さ)ミリ、重量は約1.8キロ。最大8時間動作する10.8ボルト/4300mAh仕様のリチウムイオンバッテリーが付属する。

photophoto 天面は光沢のあるホワイトカラーを採用(写真=左)。重量約1.8キロのボディに、DVDスーパーマルチドライブも内蔵する(写真=右)

直販モデルはモバイルWiMAXも内蔵可能

 直販サイト“ONKYO DIRECT”で販売する「DM513」は、カスタマイズオーダーが可能だ。

 カスタマイズメニューはメインメモリ容量(2Gバイト/2G+2Gバイト)、無線通信機能(IEEE802.11b/g/n対応無線LAN/IEEE802.11a/b/g/n+モバイルWiMAX)、オフィススイートの種類(Office Personal 2010/同Home&Business 2010/同Professional 2010)などを用意する。モバイルWiMAXオプションの選択により、インテルの無線LAN+WiMAXコンボモジュール「Intel Advanced-N+WiMAX 6250」が内蔵される。オプション価格はプラス1万円だ。


M5シリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
M5シリーズ M513A7 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Solo
SU2300 (1.4GHz)
2048MB (DDR2) 320GB 7 Home Premium 7万9800円前後
M5シリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
M5シリーズ M513A7 13.3型ワイド 1366×768 Intel GS45 DVD スーパーマルチ チップセット内蔵 約1.8キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう