ニュース
» 2010年05月27日 11時00分 UPDATE

2010年PC夏モデル:NEC、3D対応PCを発表──「VALUESTAR N 3D対応モデル」6月下旬発売

NECが3D表示対応のデスクトップPCを発表。3D表示は“偏光板方式”を採用し、Blu-ray 3Dタイトルのほか、既存DVDを3D変換して楽しめる。発売は2010年6月下旬、価格は22万円前後。

[ITmedia]

3D対応の液晶一体型PC──3D Blu-rayタイトル/DVDの3Dリアルタイム変換再生などに対応

photo 3D表示に対応する「VALUESTAR N 3D対応モデル」(VN790/BS)

 NECは5月27日、3D表示に対応するデスクトップPC「VALUESTAR N 3D対応モデル(VN790/BS)」を発表。2010年6月下旬に発売する。価格はオープン、想定実売価格は22万円前後と予想される。NECは、2010年4月に3Dディスプレイ搭載の試作PCを公開し、2010年上期中の投入を示唆していた。

 ボディデザインやPCとしての基本仕様は、20型ワイドの液晶ディスプレイを内蔵する“フォトスタンド型”デスクトップPCの「VALUESTAR N」とほぼ同様。64ビット版Windows 7 Home Premium、地上デジタル放送チューナー、4Gバイトのメインメモリ、1TバイトのHDDなどを搭載し、地デジ放送の視聴やハイビジョン長時間録画、Blu-ray Discや(AVCRECによる)DVDメディアへの書き出し、本編とCMの間に自動的にチャプターを入れる「オートチャプター機能」などのテレビ系機能も継承して搭載する。夏モデル第1弾のVN770/ASと比べ、3D表示対応ディスプレイとBlu-ray 3D対応のBlu-ray Discドライブの搭載、CPUにモバイル向けCore iシリーズ新モデルの採用、オフィススイートがOffice Home and Business 2010へ刷新、カラーバリエーションをファインブラックのみとする点が異なる。

 VALUESTAR N 3D対応モデルに備わる3Dディスプレイは、専用の偏光メガネ(本体に1つ同梱)をかけて見るスタイルの「偏光板方式」を採用。解像度は通常モデルと同じ1600×900ドットとなる。

 3Dで楽しめるコンテンツは以下の通り。

  • 今後発売されるBlu-ray 3Dタイトル(3D再生対応の視聴ソフト「PowerDVD 3D」が付属)
  • 2D→3Dリアルタイム変換による一般DVDタイトル(同じく「PowerDVD 3D」で再生可能)やJPEG写真データ
  • 3D撮影対応デジタルカメラ「FinePix REAL 3D」で撮影した写真や動画(3Dコンテンツ再生ソフト「DigiCame3D Viewer LE」「DigitalVideo3D Player LE」が付属)
  • 偏光板方式の3D対応動画共有サイト内の動画(YouTube)

 フレームシーケンシャル方式を採用する家庭用テレビで対応するスカパー!HDなどの3Dテレビ放送や、3DノートPC「G51Jx 3D」(「“3D”対応ノートPC「G51Jx 3D」の飛び出し具合を体感する」参照)が対応する3Dゲームは非対応となる(VALUESTAR N 3D対応モデルのグラフィックス機能は標準モデルと同じCore iシリーズ内蔵のIntel HD Graphicsで、外部GPUは非搭載。NVIDIA 3D Visionには対応しない)。

photophoto 3D再生対応の視聴ソフト「PowerDVD 3D」が付属する。今後発売予定のBlu-ray 3Dタイトルのほか、既存の一般DVDタイトルを3Dにリアルタイム変換して再生することも可能だ。3D効果(3Dシーンの深さ)は微調整でき、一般的な2DのDVD映画タイトルも、特に奥行きと動きのある広角のシーンでなかなかの3D効果が感じられる(画像=左)。(投稿数はまだごく少数だが)3Dコンテンツとして投稿されたYouTube動画も3Dで楽しめる。本機で再生する場合は、3Dタブメニューの「Row interleave(alpha test)」を選択する(画像=右)
photophoto FinePix REAL 3Dで撮影した3Dコンテンツは「DigiCame3D Viewer LE」などで容易に3D表示できる。3Dと2Dを分割して表示し、効果を確かめることもできる

 3D映像の再生方式について、左目用/右目用の映像を交互に高速再生し、それと同期して3Dメガネの左右のレンズが交互に開閉する仕組みとなるフレームシーケンシャル方式に対し、本機や3D対応の映画館が採用する偏光板方式は、走査線1ラインおきに逆特性の偏光板を通して映像を再生し、偏光メガネで左右の映像を分離する仕組みで3D立体視を実現する。ユーザーメリットとして、3Dメガネが軽量で電源を不要とすること、(本機においては)標準モデルとの価格差がそれほど生じないことなどが挙げられる。PC基本スペックがほぼ同様の2010年夏モデル「VALUESTAR N(VN770/AS)」(実売19万円前後)との価格差は、単体価格で5000円前後とする偏光メガネを含めて、約3万円増ほどにとどまっている。

photophotophoto 3D映像に関する再生方式の違い。本機は左の「偏光板方式」を採用する
VALUESTAR N 3D対応モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VALUESTAR N VN790/BS 液晶一体型 3D対応 モバイル向けCore iシリーズ
(仕様は後日発表)
4096MB(DDR3) 1TB 64ビット版 7 Home Premium 22万円前後
VALUESTAR N 3D対応モデルの概要(その2)
VALUESTAR N VN790/BS 3D対応20型ワイド 1600×900 Intel HM55 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 地上デジタル/
Office Home and Business 2010
約8.4キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.