レビュー
» 2010年05月29日 16時15分 UPDATE

これぞ夢の共演!?:VAIO PをiPadの外付けキーボードとして使ってみた (1/2)

新型VAIO PをPS3のBluetoothキーボードとして利用できるソフト「リモートキーボード with PlayStation3」がアップデートし、何とiPadとつながるようになった。

[前橋豪,ITmedia]

ソフト名は“with PlayStation3”となっているが……

tm_1005vaiopi_01.jpg VAIO PをiPadの外付けキーボードとして接続した様子

 ソニーは5月28日、薄型軽量ミニノートPC「VAIO P」用のアップデートプログラムとして「リモートキーボード with PlayStation3 Ver.1.0.1.05240」を無償で公開した。対象製品はVAIO Pの2010年夏モデル(VPCP11AKJ、VPCP11ALJ、VPCP11AVJ、VPCP119KJ/D、VPCP119KJ/P、VPCP119KJ/W)、対象OSは32ビット版Windows 7となっている。

 リモートキーボード with PlayStation3は、VAIO Pをプレイステーション 3(PS3)とBluetoothで接続することで、VAIO PがPS3のワイヤレスキーボードとして使えるソフト。VAIO Pの2010年夏モデルにプリインストールされている。詳細は下記のレビュー記事を参照してほしい。

 今回のアップデート内容について、ソニーは「他Bluetooth機器との接続互換性を向上しました。」とだけ告知しているが、実はこれを導入することでVAIO PがiPadの外付けキーボードとして利用できるようになる(メーカーサポート外の行為だが)。

 iPadとの接続は簡単だ。アップデートプログラムをインストールして起動すると、他機器とBluetoothで接続するためのメニューが表示される。画面上ではPS3と接続する場合の説明が書かれているが構わず次へ進み、「PlayStation3でBluetooth機器登録をしてください」の画面まで来たら、iPadを起動して「設定」−「一般」−「Bluetooth」の順で選択し、Bluetoothをオンにする。すると、iPadが近くのBluetooth機器としてVAIO Pを検出するので、iPadの画面で検出されたVAIO Pの名前をクリック。iPadの画面に表示されたパスキーをVAIO Pのメニューに入力すれば、Bluetooth接続は完了だ。後はVAIO PがiPadの外付けキーボードとして利用可能になる。ただし、スティックとタッチパッドは利用できない。

 iPadで文字入力ができる部分をタッチしてカーソルを表示させたら、後はVAIO Pのキーボードで入力が可能だ。WindowsキーがMac用キーボードのCommandキー代わりとなり、Windowsキーとスペースバーの同時押しで英語/日本語入力を切り替えられる。同機能を使っている間は、VAIO PのPCとしての機能は利用できず、Ctrl+Alt+Backspaceキーの同時押しでPCの操作に戻る仕様だ。

tm_1005vaiopi_02.jpg ソフト上ではPS3と接続する場合の説明が書かれているが、構わず次へ進む
tm_1005vaiopi_03.jpg この画面まで来たら、iPadを起動し、Bluetoothの設定を行う
tm_1005vaiopi_04.jpg iPadに検出されたVAIO Pの名前をクリックすると、パスキーが表示される

tm_1005vaiopi_05.jpg iPadに表示されたパスキーをVAIO Pのメニューに入力すれば、Bluetooth接続は完了だ
tm_1005vaiopi_06.jpg リモートキーボード利用時はVAIO Pにこの画面が表示され、PCの操作ができなくなる

Sony Style(ソニースタイル)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.