Special
» 2010年06月01日 10時00分 UPDATE

プリンタをもっと快適・便利に:PIXUSユーザー必見!――「キヤノンお知らせメッセンジャー」が“おトク”な5つの理由

キヤノンのインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズを購入したら、必ず導入したいのが新しい“お助けツール”の「キヤノンお知らせメッセンジャー」だ。購入後のサポート情報や気になるキヤノン製品の最新情報を自動で届けてくれるほか、インクや用紙などの消耗品もより手軽にオンラインで注文できるようになる。

[PR/ITmedia]
PR

PIXUSをより活用できるツールが無料配信中

tm_1006c_01.jpg 「キヤノンお知らせメッセンジャー」

 “W黒(タブクロ)!!”のCMでもおなじみ、キヤノンの家庭向けプリンタ「PIXUS」シリーズは、主力モデル「PIXUS MP640」をはじめ、実に多彩な機能を備えている。そんなPIXUSをより快適に使うためのソフトウェアツール「キヤノンお知らせメッセンジャー」(以下、お知らせメッセンジャー)が、同社のWebサイトから無償ダウンロードできるのをご存じだろうか?

 このソフトを導入すると、製品に関する最新情報からユーザーが気になるトピックだけを自動で届けてくれるほか、同社が提供するサポート情報からイベント情報まで、さまざまなWebコンテンツへダイレクトにアクセスできる。今回はPIXUSのよきパートナーともいえるお知らせメッセンジャーを実際に使ってみて、導入すると“おトク”な5つの理由を紹介しよう。

 1〜5のボタンをクリックすると、それぞれの内容にジャンプするので、興味を持った項目からチェックしてほしい。


理由1――必要な情報は自動で知らせてくれる!

 まず、何といっても便利なのが「お知らせサービス」だ。お知らせメッセンジャーをPC(Windows XP/Vista/7に対応、Vista/7は64ビット版でも利用可)にインストールすると、通知領域に専用のアイコンが登場し、ここから製品に関するさまざまな情報をポップアップで自動通知してくれる。通知された情報から気になるトピックをクリックすれば、該当するWebコンテンツがブラウザで表示される仕組みだ。

tm_1006c_02.jpg インストールすると通知領域に常駐。興味がある製品カテゴリに関する最新情報をポップアップで自動通知してくれる
tm_1006c_03.jpg 通知された情報から気になるトピックをクリックすると、該当するWebページがブラウザで表示される

 とはいえ、キヤノンのWebサイトでは、新製品やサポート、キャンペーン、イベント、セミナーなど多数の情報が日々更新されており、これらすべてが通知されても情報の選別が面倒になるだけだろう。そこで、お知らせメッセンジャーでは、こうした膨大な情報の中から必要なものだけをピックアップして通知させることが可能だ。

 ソフトのインストール時には、PCにつながったキヤノン製品(PIXUSやCanoScanなど対応製品)が自動認識・登録されることに加えて、「興味がある製品カテゴリ」を選択するメニューも表示されるので、気になるカテゴリを指定しておけば、後はキヤノンのWebコンテンツ更新に応じて必要な情報だけを自動で入手できる。通知する内容は後からカスタマイズもでき、下表のように細かな情報を取捨選択することが可能だ。余計な情報は省いて、自分の好みの情報だけを簡単にキャッチできるのはうれしい。

tm_1006c_04.jpg インストール直後に興味のある製品カテゴリを選択する画面が表示されるので、あらかじめ情報が欲しいカテゴリを選んでおく
tm_1006c_05.jpg 情報を通知する内容については、環境設定画面から、より細かく指定することもできる。例えば、製品情報でもCM関係は通知しないという設定も可能だ

通知できるジャンルの種類
名称 説明
製品情報 新製品、スペシャル・コンテンツ、CMインフォメーション
キャンペーン情報 キャンペーン
イベント情報 展示会、写真展、撮影会、製品発表会、スポーツ・文化活動・その他
Webコンテンツ 印刷系コンテンツ、撮影系コンテンツ、読み物系コンテンツ
セミナー情報 印刷系セミナー、撮影系セミナー

・ダウンロードはこちら→「キヤノンお知らせメッセンジャー」

理由2――消耗品の購入や修理申し込みも簡単!

tm_1006c_06.jpg 「製品情報メニュー」タブの「消耗品購入」ボタンを押すと、登録してある製品ごとの消耗品購入ページにアクセスできる

 普段PIXUSを使っていて重宝するのが、お知らせメッセンジャーから消耗品の購入ページへアクセスできる機能だ。例えば、デジカメで撮影した写真を大量に印刷していると、インクや写真用紙の補充が必要になってくるが、お知らせメッセンジャーの「消耗品購入」ボタンを押すと、登録された製品に対応した消耗品の購入ページ(キヤノン オンラインショップ内)に直接つながる。これにより、オンラインショップ内を検索する手間が省けるのはもちろん、非対応の消耗品を間違って買ってしまうトラブルも防げるというわけだ。

 また、製品に関するQ&A情報や、メール/電話での問い合わせ、修理申し込み、ダウンロードといったサポートページにアクセスできるボタンが用意されているのも見逃せない。特に初心者はこうした目的別のサポートページをWebサイトの中から探し出すのに時間がかかってしまいがちだが、お知らせメッセンジャーならボタン1つで済むので、問題が発生した場合にも迷わず即座に対応できるだろう。単にサポート情報のトップページを開くわけではなく、ツールに登録した製品名が入力済みの状態で表示されるのも気が利いている。

tm_1006c_08.jpg 「製品情報メニュー」タブでは、製品ごとにサポートページへのリンクボタンが用意されている
tm_1006c_09.jpg ここからQ&A情報ページにアクセスすると、お知らせメッセンジャーに登録された製品名が既に入力済みとなっている

・ダウンロードはこちら→「キヤノンお知らせメッセンジャー」

理由3――購入後のアップデート情報も見逃さない!

 大きな特長としては、製品のアップデートが必要かどうか手軽に判断できる点も挙げられる。詳細情報画面を起動し、「ソフトウェアバージョン診断」メニューの「診断する」ボタンをクリックするだけで、デバイスドライバや付属アプリケーション群が最新バージョンかどうか診断してくれる。診断の結果、最新バージョンがインストールされていない場合はボタン1つでダウンロードページを開けるので、気軽に最新の状態が保てるのだ。

 もちろん、新しいデバイスドライバやサポート情報が公開された場合は、お知らせメッセンジャーの自動通知機能でも知らせてくれる。プリンタの付属ソフトなどは発売後のアップデートで新機能が追加されることもあるが、こうした複数の機能によって、重要な情報を見落とさずタイムリーに入手できるようになるのはありがたい。

tm_1006c_11.jpg 「ソフトウェアバージョン診断」メニューの「診断する」ボタンをクリックするだけで、デバイスドライバや純正ソフトのバージョンを確認可能だ
tm_1006c_12.jpg 診断後、デバイスドライバや対応ソフトの最新版をダウンロードできるページへ直接ジャンプできる

 ちなみに、お知らせメッセンジャーはPCに後から追加したキヤノン製品(対象製品はこちらを参照)も自動認識し、サポート対象として追加するので、わざわざ製品名をメニューから選んで設定するような手間がかからず、間違った製品名で登録してしまうようなこともない(手動での登録にも対応)。

 複数の製品を登録した状態では、任意の製品名のタブをクリックしてから、ソフトウェアのバージョンを診断したり、理由2で紹介した各種サポートページへのリンクボタンを押して、製品個別のサポート情報を入手したりすることができる。

tm_1006c_13.jpgtm_1006c_14.jpg キヤノン製品(ここではスキャナ)をPCへ追加した場合、対象製品であれば、お知らせメッセンジャーに自動登録される。登録されると、製品名のタブが画面内に加わる

・ダウンロードはこちら→「キヤノンお知らせメッセンジャー」

理由4――興味のある製品情報も合わせてキャッチ!

 お知らせメッセンジャーは、キヤノン製品の購入後に威力を発揮するツールだが、購入前から活用できる点も覚えておきたい。理由1では興味がある製品カテゴリを登録できる点について紹介したが、ここでは既に購入してソフトに登録した製品以外のカテゴリ、つまり購入していない製品カテゴリも選べるのだ。

 選択できる製品カテゴリはインクジェットプリンタ、インクジェット複合機、パーソナル向けスキャナ、コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラ、デジタルビデオカメラ、コンパクトフォトプリンタと多岐にわたり、キヤノンの個人向けハードウェア製品カテゴリを網羅している。

 例えば、今はPIXUSのインクジェット複合機を使っているが、デジカメの買い換えやビデオカメラの購入も検討しているというユーザーであれば、使用しているPIXUSのサポート情報を入手しながら、購入候補の製品について最新情報やキャンペーン情報をすぐにチェックできて便利だ。キヤノン製デジカメのIXYやPowerShot、EOSとPIXUSの相性は抜群で、組み合わせれば写真の撮影から印刷までを高画質で行える環境が整う。

tm_1006c_15.jpgtm_1006c_16.jpg 興味がある製品カテゴリの設定で、コンパクトデジタルカメラを選べばIXY/PowerShotの関連情報、デジタルビデオカメラを選べばiVISの関連情報が自動で入手できるようになり、それぞれの情報ページへ直接アクセス可能だ

・ダウンロードはこちら→「キヤノンお知らせメッセンジャー」

理由5――イベントやセミナー情報もチェック!

 キヤノンはカメラやプリンタといったカラーイメージング機器の老舗メーカーとして、写真文化の支援・醸成にも積極的だ。プロカメラマンの作品を紹介する写真展をはじめ、一般ユーザーも参加できる撮影会やフォトコンテスト、撮影・印刷テクニックが学べるセミナーなどを定期的に開催している。

 お知らせメッセンジャーを利用すれば、こうしたイベントやセミナーの更新情報も即座に入手できる。昨今のプリンタやデジカメは技術が成熟し、ユーザーが設定を特にいじらなくても十分高画質といえるが、用途や目的に応じて適切な設定を行うことで、さらに良好な結果が得られる奥深さも備えている。もっと写真をキレイに撮りたい、思い通りに印刷したいと感じているなら、ぜひこの機能を活用してほしい。

tm_1006c_17.jpgtm_1006c_18.jpg お知らせメッセンジャーからは、プリントやフォトに関連したイベント情報、セミナー情報も入手できる

・ダウンロードはこちら→「キヤノンお知らせメッセンジャー」

キヤノンファンなら今すぐダウンロード!

 このように、お知らせメッセンジャーはコンパクトな画面に便利な機能を詰め込んでおり、キヤノン製品のユーザーにとって必見といってもいいツールに仕上がっている。

 PCに詳しいユーザーは、スペースに限りがある通知領域にアイコンが1つ増える点を気にするかもしれないが、CPUに高い負荷をかけるようなツールではなく、情報通知の頻度や方法はカスタマイズ可能なので、じゃまにはならない。特にWindows 7では通知領域に表示するアイコンを整理しやすくなったので、使い勝手がいいハズだ。

 キヤノンのWebサイトから無料で入手できるので、まずはダウンロードしてインストールしてみてほしい。製品のメンテナンスやサポート窓口への案内、関連情報の収集、消耗品の購入など、PIXUSをはじめとするキヤノン製品との暮らしが、より快適になること請け合いだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年6月30日