ニュース
» 2010年06月01日 11時05分 UPDATE

エプソンダイレクト、代行サービスメニューを拡充──“OSアップグレード”代行など

エプソンダイレクトが購入者、現ユーザー向けのメニューを拡充。OSアップグレードやパーティション変更、データ引っ越しなどを代行する項目を6月1日に設ける。

[ITmedia]
photo 新メニュー「OSアップグレード代行サービス」の作業工程

 エプソンダイレクトは6月1日、ユーザー向けサービスメニューを新たに14項目追加すると発表、同日より順次受注を始める。

 このサービスメニューは、ユーザーのPC買い換えや廃棄、使用中に発生する様々な作業を代行するものとして展開。作業するには不安がある、作業する時間がない、作業はメーカーに任せたいなどのニーズに応える。

 新メニューの概要と価格は以下の通り。


サービス名称 概要 提供価格(税込) 受注開始日
HDDデータ引越しサービス 手持ちの現PCを預け、注文したPCへデータを引越しするサービス 6565円 2010年7月初旬予定
HDD返却不要サービス 訪問修理サービスに加入しているユーザーで、万が一、PCが故障してHDD交換となった場合、故障で交換したHDDを当社が持ち帰ることなく、ユーザーに引き渡すサービス(データ保護のためHDDを外へ持ち出したくない、自身でHDDを廃棄したい場合に利用できる) 1260円/年間 2010年6月1日
PCなんでもホットライン 契約した期間中、何度でもPCに関する問合せができるサービス。ユーザー環境に合わせ、電話・リモート操作でサポートする 30日間4990円から 2010年7月初旬予定
HDDデータ救出サービス 万が一、HDD交換を伴う修理となった際にユーザーのPCデータを救出し、新しいHDDに移行するサービス(データが救出できない場合には、料金は発生しない) 4990円 2010年6月1日
HDDデータバックアップサービス ユーザーのPCを預け、データをDVDメディアにバックアップするサービス 3990円 2010年6月1日より
HDD分解破壊サービス 預けたユーザーのPCからHDDを取り出し、分解・破壊するサービス。廃棄証明書も発行し、企業の情報漏えい対策として利用できる 1990円 2010年6月1日
預かり点検サービス PCを預け、同社の品質基準に基づいた各種点検を行う。同時に普段手入れできない部分や、ファンにたまったホコリなども掃除する 2990円(※) 2010年6月1日
HDDデータ復旧サービス 謝ってHDDを初期化、あるいは重要なデータを消去してしまった場合、専門の業者をご紹介しデータ復旧を行うサービス 専門業者を紹介 2010年6月1日より
HDDデータ消去サービス PCの譲渡や処分の際、PCを預けて、HDD内に残っているデータを確実に消去するサービス 1990円(※) 2010年6月1日より
ウイルス駆除サービス 万が一、コンピュータウイルスに感染した場合、専門の業者をご紹介しウイルス駆除を行うサービス 専門業者を紹介 2010年6月中旬予定
OS再インストールサービス PCを預け、OSを工場出荷時の状態に戻して返却するサービス 3990円(※) 2010年6月1日
HDDパーティション変更サービス ユーザーのPCを預け、今のパーティションの容量を変更するサービス。データを消さずにパーティションだけの変更が可能 3,990円(※) 2010年6月1日
HDDまるごと入れ替えサービス HDDアップグレードサービスとの併用により、今までと同じ環境で新PCを利用できるよう、新しいHDDにデータをまるごと入れ替えるサービス 3990円 2010年6月1日
OSアップグレード代行サービス ユーザーに代わって、OSアップグレード作業を行うサービス。同社専門スタッフがユーザーのPCを預かって作業する 3990円(※) 2010年6月1日
※別途送料1575円が発生

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう