ニュース
» 2010年06月04日 10時00分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2010:デバイスマネージャーでチェックする「次世代 Eee PC」 (1/2)

Eee PadやEee Tabletに注目が集まりがちなCOMPUTEX TAIPEI 2010のASUSノートPC。しかし、主力のEee PCラインアップも着実に進化しているようだ。

[長浜和也,ITmedia]

 COMPUTEX TAIPEI 2010で最も注目を集めているものといえば、やはり“Pad”系ということになるだろうか。しかし、ASUSのPCで主力となる「Eee PC」ラインアップも数多く“参考展示”されている。日本でもなじみのあるブランドとなったEee PCの次世代モデルをCOMPUTEX TAIPEI 2010のASUS展示ブースから紹介しよう。

「ランボルギーニ」のEee PCが登場する

 ついに、Eee PCでも「ランボルギーニ」モデルが登場する。構成も、12.1型ワイドのディスプレイ(解像度は1366×768ドット)を搭載して「Atom D525」と「Next Generation ION」(NVIDIA ION 2)採用するなど強力。OSはWindows 7 Home Premiumの予定だ。

 メモリはDDR3を最大4Gバイトまで実装可能で、データストレージは250Gバイト、もしくは、320GバイトのHDDとASUS WebStorageを500Gバイトを使用できる。無線接続では、IEEE802.11 b/g/nが利用できるほか、Bluetooth 3.0にも対応する予定という。バッテリー駆動時間は6セル搭載時で7.5時間の見込み。また、インタフェースではUSB 3.0をサポートする。

kn_asus03_03.jpgkn_asus03_04.jpg 新世代の“ランボルギーニ”ノートPCは、「テールライト」を搭載する。内部の構成はCore i7シリーズにIntel HM55 Expressチップセット、そして、DirectX 11に対応したNVIDIAのGPU(って、あれしかないでしょう)。日本での出荷は未定だ(写真=左)。Eee PCのランボルギーニモデルではサウンドも重視されていて、AV向けハイエンドノートPC「NX90」で採用されたB & O「ICEpower」テクノロジーを導入する(写真=右)。

次世代Eee PCはOptimusに対応する

 「Eee PC 1215N」も、NVIDIA ION 2プラットフォームを採用した12.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載(解像度は1366×768ドット)の次世代Eee PCモデルで、CPUは、Nettop向けのディアルコアAtomを搭載する予定だ。Nettop向けAtomを搭載した理由についてASUSは「パフォーマンスを優先した。しかし、それでもバッテリー駆動は7時間が可能だ」と説明する。

 デバイスマネージャーで構成を確認すると、動作クロック1.66GHzで2コア4スレッド対応のAtom D510が確認できたほか、グラフィックスコアにはAtom D510に統合されたIntel GMA 3150とNVIDIA IONが並ぶ。Eee PC 1215Nは、NVIDIAのスイッチンググラフィックス技術「NVIDIA Optimus」にも対応し、システムで動作するアプリケーションによって、Intel GMA 3150とNVIDIA ION2が自動で切り替わり、省電力とグラフィックス性能を両立させる。

kn_asus03_05.jpgkn_asus03_06.jpg NVIDIA ION 2プラットフォームを採用した「Eee PC 1215N」(写真=左)の構成をデバイスマネージャーで確認する(写真=右)

kn_asus03_07.jpgkn_asus03_08.jpg 左側面にはアナログRGB出力とHDMI、USB 2.0、メディアカードリーダーを備え(写真=左)、右側面には2基のUSB 3.0と有線LANが用意される(写真=右)

kn_asus03_09.jpgkn_asus03_10.jpg 展示されていたサンプル機材のOSは32ビット版Windows 7 Home Premiumで、メモリ容量は4Gバイトだった(写真=左)。Atom D510とION2、4Gバイトメモリと320GバイトHDDの構成でWindows エクスペリエンスインデックスのスコアを確認する。Graphicsは3.3、Gaming graphicsは3.7だ(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう