ニュース
» 2010年06月10日 14時04分 UPDATE

ロジテック、スペア追加可能なRAID-1対応NAS「LSV-MSX2C」

ロジテックは、キューブ型筐体を採用したRAID-1対応NAS「LSV-MSX2C」を発表した。

[ITmedia]
photo LSV-MSX2C

 ロジテックは6月10日、キューブ型筐体を採用したRAID-1対応NAS「LSV-MSX2C」シリーズを発表、6月下旬より発売する。価格は4Tバイトモデルの「LSV-MS4000X/2C」が17万8000円、2Tバイトモデルの「LSV-MS2000X/2C」が13万8000円(双方税込み)。

 LSV-MSX2Cシリーズは、計2基の内蔵HDDによるRAID-1構成をサポートしたNAS。またスペアドライブの増設にも対応しており、フロント側の増設スロットにスペアドライブを追加することにより、後からHDD容量を増量できる。

 LAN側インタフェースはギガビット接続に対応。障害/イベント発生時にメールにて通知する機能なども搭載した。本体サイズは184(幅)×193(奥行き)×280(高さ)ミリ、重量は約6.1キロ。

関連キーワード

ロジテック | NAS | RAID | キューブ型


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう