ニュース
» 2010年06月21日 13時30分 UPDATE

2010年PC夏モデル:TegraとAndroidでスマートフォンとNetbookのいいとこどり──「dynabook AZ」

dynabook AZは、「クラウドブック」と東芝が呼ぶ、スマートフォンの長時間バッテリー駆動とNetbookの使い勝手を共存させた新しいカテゴリーのデバイスだ。

[ITmedia]

Tegraプラットフォームの採用で長時間駆動とグラフィックス性能が両立した

kn_dynaz_01.jpg Tegraを採用して長時間バッテリー駆動とフルHDの再生能力を備えた「dynabook AZ/5M」

 東芝は、6月21日にdynabookの新シリーズとなる「dynabook AZ/05M」を発表した。出荷開始は8月下旬の予定で、実売価格は4万円台半ばになる見込みだ。

 dynabook AZ/05Mは、CPUにデュアルコアARMをベースにNVIDIAが開発した「Tegra T20」(1GHz)を採用する。クラムシェルボディを用いたノートPCのようなスタイルだが、東芝は「クラウドブック」という新しいカテゴリーのデバイスとして訴求している。

 10.1型ワイドの液晶ディスプレイ(解像度は1024×600ドット)を搭載して、本体サイズは約262(幅)×189.8(奥行き)×12〜21(厚さ)ミリ、重さは約870グラム。東芝が公開しているバッテリー駆動時間は動画の連続再生で約7時間となっている。システムメモリはDDR3-533を512Mバイト搭載する。オンボードで実装するため、これ以上の増設はできない。また、データストレージとしては16Gバイトのフラッシュメモリ(MMC対応)を内蔵する。

 キーボードはピッチ19ミリとデスクトップPCに近いサイズを確保した(ストローク1.6ミリ)。ポインティングデバイスとしてパームレストにタッチパッドを用意するが、Androidデバイスで多いタッチパネルは採用しない。

 本体に搭載するインタフェースには、USB 2.0×1、Mini USB 2.0×1、メディアカードリーダー(SDメモリーカード、SDHCカード、MMC対応)のほか、HDMI出力を用意し、Tegraのグラフィックス性能を利用することで、Blu-ray Discに収録される1080p級フルHD動画を接続した液晶ディスプレイで快適に再生できる。また、有線LANには対応しないものの、無線接続として、IEEE802.11 b/g/nとBluetooth 2.1+EDRが利用可能だ。なお、本体のみの標準構成でモバイルWiMAXとWWANによるデータ通信には対応しない。

 Android 2.1を導入しており、東芝は起動時間が短いことと、東芝オリジナルのランチャーソフト「TOSHIBA ReelTime」などによる軽快な使い勝手をアピールしている。なお、日本語入力ソフトにはFSKARENを、オフィスアプリケーションには「Documents To Go Basic Edition」をそれぞれ採用する。

dynabook AZ 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
dynabook AZ AZ/5M Tegraマシン 新シリーズ Tegra T20(1GHz) 512MB(DDR3) 16GB Android 2.1 4万円台半ば
dynabook AZ 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
dynabook AZ AZ/5M 10.1型ワイド 1024×600ドット CPU統合 CPU統合 約870グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう