ニュース
» 2010年06月21日 16時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:拡張現実も立体視もオーバークロックも詰め込んだ!――「Intel in Akiba 2010 Summer」 (1/2)

先々週の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」に続き、先週末は「Intel in Akiba 2010 Summer」が開かれた。自作上級者向けの技術解説から誰でもワクワクできる最新トレンドまで、幅広い内容で来場者を楽しませた。

[古田雄介,ITmedia]

盛り上がるオーバークロックコーナー&天野氏のセッション

og_akibain_001.jpg Intel in Akiba 2010 Summerの会場

 6月19日と20日に、インテルのユーザーイベント「Intel in Akiba 2010 Summer」がベルサール秋葉原の1階で開催された。今回は同社のCPU「Core i7」を主役に据えており、会場にはCore i7マシンを使ったマルチメディア処理の紹介コーナーや、協賛各社のパーツとマシンが並べられた。梅雨に入ったものの、当日は天候にも恵まれ、1週間前の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」と同じく、盛況の様子だった。

 特に好評だったのは、世界的なオーバークロッカーのduck氏によるOCデモコーナーだ。液体窒素を使ってCore i5-655Kのクロックアップに挑戦し、土曜日の時点で6650MHzの世界記録を超える7122MHzでの動作に成功。100人近くの人だかりは、duck氏の解説を聞きながら複数のCPUでクロックアップの限界に挑戦するデモを見守っていた。

 また、インテルの“神様”こと天野氏のトークセッションも、何重もの立ち見の列が生まれた。土曜日はSSDについて小ネタを交えたトークを展開。IDEモードとくらべたAHCIモードの優位点や、SATAの省電力機能「DIPM」の設定方法などを解説したほか、「RAID 0構築時はTrim非対応となるので、代わりにRAID構築時のドライブサイズをちょっと小さくして、スペア領域を持たせておくといいでしょう」と実用的なアドバイスを盛り込み観衆を引き込んだ。

 天野氏はセッション前には「今日はウチのお偉いさんも見に来ているらしいので、あまり無茶はしないですよ」と漏らしていたが、セッションの演出は準備万端。最後にインテル製SSDのプロモーションムービー「Adventures with Intel Solid-State Drives」に出演しているアラン・フロスト氏を特別ゲストに招き、日本バージョンの最新ムービーを初披露するなど、飽きさせない構成で会場を沸かせている。

og_akibain_002.jpgog_akibain_003.jpgog_akibain_004.jpg 会場内の様子。入り口付近では、インテルイベントでおなじみの「Game」「Movie」「Photo」といったブースを設け、Core 2 DuoとCore i7マシンで性能の差を定期的に解説していた(写真=左/中央)。協賛各社のインテル製CPU搭載マシンがズラリと並ぶ。会場手前には協賛ショップの即売ブースも置かれていた(写真=右)

og_akibain_005.jpgog_akibain_006.jpgog_akibain_007.jpg デモ中、常に人だかりができていたオーバークロックコーナー(写真=左)。トークセッション中の天野氏。20日のセッションではCPUについて解説した(写真=中央)。ツクモブースの裏側で記念撮影に応じてくれた天野氏(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう