ニュース
» 2010年06月22日 18時30分 UPDATE

ナナオ、スタンドを強化したカラマネ対応の24.1型WUXGA液晶「ColorEdge CG243W-B」

ナナオの「ColorEdge CG243W-B」は、ハードウェアキャリブレーションに対応した24.1型WUXGA液晶ディスプレイ。調整範囲の広いFlexStandを新たに搭載した。

[ITmedia]
tm_1006cg243wb_01.jpg 「ColorEdge CG243W-B」

 ナナオは7月23日、カラーマネジメント対応の24.1型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG243W-B」を発売する。価格はオープンで、EIZOダイレクトでの直販価格は16万8000円だ。

 CG243W-Bは、2009年8月に発売された24.1型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG243W」の後継モデル。解像度1920×1200ドット(WUXGA)のIPSパネルやAdobe RGBカバー率98%の広色域対応などの基本性能はそのままに、スタンドをハイトアジャスタブルスタンドからFlexStand(フレックススタンド)に変更したことで、ディスプレイ部を設置面まで下げられるなど、角度調整の範囲が広がっている。

 スタンドの調整は、上30度のチルト、左右で各172度のスイベル、157ミリの昇降(画面最大昇降184.5ミリ)、右回り90度の縦回転が可能だ。本体サイズは566(幅)×242〜256(奥行き)×381.5〜538.5(高さ)ミリ、重量は約10.1キロ。そのほかのスペックは従来のCG243Wと同様だ。

tm_1006cg243wb_02.jpg 従来より調整範囲が広がったFlexStandを採用

 モデルチェンジに伴い、エックスライト製のスペクトル方式キャリブレーションセンサー「ColorMunki」とのセット品も販売する。EIZOダイレクト直販価格は19万9500円だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう