ニュース
» 2010年06月30日 12時25分 UPDATE

バッファロー、ウイルス検知ソフト内蔵のUSBメモリ

バッファローは、トレンドマイクロ製ウイルス検知ソフトを標準搭載したUSBメモリ「RUF2-JVS」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo RUF2-JVS-RD

 バッファローは6月30日、トレンドマイクロ製ウイルス検知ソフトを標準搭載したUSBメモリ「RUF2-JVS」シリーズを発表、7月中旬より販売を開始する。カラーバリエーションはレッド/ブラック/ホワイトの3色で、それぞれ4Gバイト/8Gバイト/16Gバイトモデルを用意する。価格はいずれもオープン。

 RUF2-JVSシリーズは、USB 2.0接続に対応したUSBメモリで、スライド式コネクタによるキャップレスデザインを採用したモデルだ。

 トレンドマイクロ製のウイルス検知ソフト「Trend Micro USB Security for Biz」を標準搭載。USBメモリへの書き込みを常時監視しており、ウイルス感染ファイルの自動隔離を行える(駆除機能は非搭載)。

 本体サイズは21(幅)×55(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は約15グラム。対応OSはWindows XP/Vista/7。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう