ニュース
» 2010年07月01日 11時00分 UPDATE

ソニー、「VAIO F/C」一部モデルに過剰発熱の可能性――BIOSアップデートで対応

ソニーは、2010年1月に発売された「VAIO F」「同 C」の一部モデルで過剰発熱の可能性がある、と発表した。

[ITmedia]

 ソニーはこのほど、2010年1月に発売された「VAIO F」「同 C」の一部モデルで過剰発熱の可能性がある、と発表した。

 今回発表となったモデルでは、温度管理機能の制御に不備があり、利用状況により過剰発熱や外装の変形が発生する恐れがある、としている。

 同社では対応策として、症状を防止するBIOSへのアップデートを公開、ユーザーによるアップデートの適用を促している。また「VAIO Auto Updateを有効にする」と設定している場合には、6月30日以降に自動アップデートが実行される。

 対応製品の詳細などについてはこちらを参照のこと。

関連キーワード

VAIO | ソニー | BIOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう