ニュース
» 2010年07月02日 13時33分 UPDATE

三菱、企業向けPC“apricot”にCore i7搭載対応のスリムデスクトップモデルを追加

三菱電機は、企業向けPC“apricot”の新モデル「apricot CX E7」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo apricot CX E7

 三菱電機は7月2日、企業向けPC“apricot”の新モデル「apricot CX E7」シリーズを発表、7月6日より販売を開始する。価格はCore i3搭載モデルが12万2850円から、Core i5搭載モデルが15万9600円から、Core i7搭載モデルが28万9800円から(いずれも税込み)。

 同社製スリムデスクトップPC「apricot CX E6」シリーズの後継モデルで、Core i3-540/i5-650/i7-860Sの搭載に対応。OSはWindows 7 ProfessionalまたはWindows XP Professonal(ダウングレード適用)を導入できる。

 メモリは最大4Gバイト、HDDは最大1Tバイト(500Gバイト×2基)、光学ドライブはDVD-ROM/DVDスーパーマルチ(または未搭載)を選択可能だ。

関連キーワード

apricot | Core iシリーズ | ビジネスPC | Windows 7


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう