ニュース
» 2010年07月07日 13時45分 UPDATE

バッファロー、ミラーリング対応外付けHDDユニット「HD-WLSU2/R1」シリーズを発表

バッファローは、2台のHDDを搭載してオフィスデータのバックアップ用途などに使えるRAID 1構成の外付けHDDユニットを発表した。

[ITmedia]

 「HD-WLSU2/R1」シリーズは、2台のHDDを搭載した外付けHDDユニットだ。PCとはeSATA、もしくは、USB 2.0で接続する。対応OSはWindows 7(32ビット版/64ビット版)にWindows XP、Windows Server 2003/同 2003 R2(32ビット版)/同 2008(32ビット版/64ビット版)/同 2008 R2(64ビット版)、Mac OS X10.6/同 10.5/同 10.4。本体サイズは、86(幅)×127(高さ)×204(奥行き)ミリ、重さは約2キロ。

 HD-WLSU2/R1は標準状態でRAID 1を構成する。ミラーリングによるデータ保存が可能で、オフィスなどで利用するデータのバックアップに向いているとバッファローは説明している。ボディに静音タイプのクーラーファンを搭載して、内部のHDDを冷却することでHDDの安定動作と長寿命化を図るほか、工具なしで内蔵HDDを簡単に換装できる作業性も実現している。

 シリーズのラインアップには、HDDの容量が異なる「HD-WL4TSU2/R1」(2Tバイト×2)、「HD-WL3TSU2/R1」(1.5Tバイト×2)、「HD-WL2TSU2/R1」(1Tバイト×1)の3モデルが用意される。実売価格は、「HD-WL4TSU2/R1」が6万9000円、「HD-WL3TSU2/R1」が5万3000円、「HD-WL2TSU2/R1」が3万7000円。出荷開始は7月中旬からの予定だ。

kn_wlsu2_01.jpgkn_wlsu2_02.jpg HDDを2台搭載してRAID 1を構成する外付けHDDユニット「HD-WLSU2/R1」シリーズ(写真=左)。フロントパネルを外せば工具なしでHDDが換装できる(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう