ニュース
» 2010年07月07日 14時56分 UPDATE

エイサー、立体視対応プロジェクター2モデルを発表

日本エイサーは、DLP 3Dに対応するプロジェクターとしてモバイルタイプの「P3251」と1280×800ドット表示モデル「P1303W」を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは、7月7日にDLP 3Dに対応したプロジェクターとして「P3251」と「P1303W」の2モデルを発表した。実売価格は「P3251」「P1303W」ともに8万9800円前後で、出荷は7月8日から開始する。

 「P3251」は、サイズが210(幅)×165(奥行き)×64(高さ)ミリ、重さが約1.2キロの軽量小型のモバイル向けプロジェクターで、ボディデザインも光沢感のあるホワイトを基調にしている。解像度は1024×768ドット、コントラスト3700:1、輝度は2100ml。画像出力インタフェースにはHDMIも備える。

 「P1303W」は、1280×800ドットのワイド表示を可能にしたモデルで、こちらも画像出力にHDMIインタフェースを用意する。

 「P3251」と「P1303」はDLPテクノロジーを導入、DLP 3Dに対応して立体視映像の表示が可能。エイサーオリジナルの色温度自動調節機能「Acer Color Boost Technology」や6分割カラーホイール機能も利用可能だ。

kn_acerdlp_02.jpgkn_acerdlp_01.jpg モバイル向けプロジェクターの「P3251」(写真=左)と1280×800ドットのワイド表示に対応した「P1303W」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう