ニュース
» 2010年07月09日 17時07分 UPDATE

Lian Li、“TYR”シリーズの最新モデル「PC-X900」

ディラックは、台湾Lian Li製のタワー型PCケース「PC-X900」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
kn_lianli_01.jpg PC-X900ブラックモデル

 PC-X900は、従来モデル「PC−X1000」と同じ、TYRシリーズの新製品で、サイズが230(幅)×388(奥行き)×598(高さ)ミリと、奥行きと高さを抑えたモデルとなる。アルミ素材のボディはブラック、シルバー、レッドのカラーバリエーションが用意される。レッドモデルは、ボディパネルにアルマイト仕上げを施した特別モデルという位置付け。また、すべてのモデルでサイドパネルにアクリルを組み込み、内部のパーツが見えるようにしている。

 ドライブベイは5インチオープンベイが3基、3.5インチオープンベイが1基、3.5インチシャドウベイが7基。3.5インチオープンベイはアダプタを使って2.5インチドライブベイとしても利用可能だ。また、フロントパネルにはUSB 3.0対応のインタフェースも用意される。

 ケースファンはフロントパネルに120ミリ径ファンを3基、バックパネルに120ミリ径ファンを2基搭載可能。ケースファンには、ブラックとシルバーモデルで青色LEDが、レッドモデルでは赤色LEDがそれぞれ組み込まれる。

 搭載できるマザーボードのフォームファクタはATXとmicro ATX。グラフィックスカードは最大長305ミリまで組み込み可能だ。

 価格はオープンで、実売予想価格はブラックモデル(PC−X900B)とシルバーモデル(PC-X900A)が5万4800円前後。レッドモデル(PC-X900R)が6万2800円前後の予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう