ニュース
» 2010年07月09日 18時13分 UPDATE

ヨドバシカメラ、フルHD液晶をセットにした地デジ内蔵モデルなど2機種を発売

ヨドバシカメラがマウスコンピューターのオリジナルブランドPCを発売する。スリムケースを採用したモンハン推奨モデルと地デジ内蔵モデルの2機種。

[ITmedia]
og_yodo_001.jpg PCM5305SLTVST

 ヨドバシカメラは7月9日、マウスコンピューター製のスリムPCに32ビット版Windows 7 Home Premiumをプリインストールした「PCM5310TGSL」と「PCM5305SLTVST」を7月10日より全国各店舗で発売すると発表した。価格はPCM5310TGSLが9万9800円、PCM5305SLTVSTが12万9800円。

 両モデルとも100(幅)×393(奥行き)×364(高さ)ミリのスリムケースに、Core i3-530(2.93GHz)を搭載したモデルで、PCM5310TGSLは「モンスターハンター フロンティア オンライン」の動作推奨モデルとしてグラフィックスにNVIDIA GeForce GT220(1Gバイト)を搭載、一方のPCM5305SLTVSTは、地上デジタルチューナーを内蔵し、フルHD対応の21.5型ワイド液晶(iiyama製PLE2210HDS-W1)を付属しているのが特徴だ。そのほかのスペックは、メモリ4Gバイト、HDDが1Tバイト(PCM5310TGSL)/500Gバイト(PCM5305SLTVST)、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブという構成になっている。なお、PCM5310TGSLは購入特典として「モンスターハンター フロンティア オンライン」のオリジナルインストールディスクが付属するほか、PCM5305SLTVSTにはOffice Personal 2010がプリインストールされている。

og_yodo_002.jpgog_yodo_003.jpg 「モンスターハンター フロンティア オンライン」推奨モデルの「PCM5310TGSL」と、ディスク盤面にイラストが描かれた購入特典のオリジナルインストーラディスク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう