ニュース
» 2010年07月16日 13時13分 UPDATE

ネットジャパン、Mac OS用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 9 Standard」を発表

ネットジャパンは、米CodeWeavers製のMac OS用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac」シリーズ最新版「CrossOver Mac 9 Standard」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo CrossOver Mac 9 Standard

 ネットジャパンは7月16日、米CodeWeavers製のMac OS用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 9 Standard」の取り扱いを発表した。販売開始はダウンロード版が7月22日、パッケージ版が8月6日。価格はそれぞれ5880円/6825円(双方税込み)。

 Mac OS上でWindowsアプリケーションを動作させることが可能な「CrossOver Mac」の最新版。今回のバージョンでは「一太郎2010」「Shuriken2010」「ホームページ・ビルダー14」などの最新ソフトをサポートした。

 また、アプリケーションのインストールには新たに“C4Pファイル”を用いたデータベース方式を採用しており、CrossOver Mac側で正式に対応しないアプリケーションでもC4Pファイルが公開されれば自動でインストールが可能となる。

 対応OSはMac OS X 10.5.x以上。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう