ニュース
» 2010年07月26日 11時23分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:安売りの向こう側へ――適正価格を望む「売る側」の戦い (1/4)

日立GSTがリテールパッケージのHDDを投入し、アスクは一部のXFX製カードの返品キャンペーンを開始している。この2つの動きにはちょっとした共通点があるとかないとか……。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「値崩れって売る側にしたら怖いもんなんですよ」――PCパーツの新たな売り方

og_akiba_001.jpg 日立GSTの1Tバイトモデル「0S02601」

 先週、日立GSTからリテールパッケージの3.5インチHDD「DESKSTAR」シリーズが発売された。2Tバイトと1Tバイト、500Gバイトの3種類で、価格はそれぞれ1万1000円弱から1万3000円弱、6000円弱から7000円強、4000円弱から5000円強となる。すべて回転数は7200rpmで、2Tバイトと1Tバイトモデルは32Mバイトのバッファを備える。500Gバイトモデルは16Mバイトバッファで、在庫は潤沢だ。

 ツートップ秋葉原本店は「今後、2.5インチタイプのリテールパッケージ版も登場するようです。同じ仕様のバルク品と入れ替えていく考えのようで、同社の売れ筋のラインアップは徐々にリテールパッケージのみになっていくでしょうね」と語る。

 ただし、今回出回ったリテール品は、型番も新調されており、中身のHDDの詳細な型番は封を開けないと判別できない。これについては「プラッタの変更など、細かい仕様変更の影響を市場価格に与えないためでは」(某ショップ)という意見を多く聞いた。

 さらに、「今回の日立GSTの動きはHDDの値崩れを防ぐための対応策だと思います。今までは、海外からの並行輸入版が国内の代理店を通したものより安く店頭に並んで、価格をどんどん下げていくという現象が普通に起きていました。国内の自作市場向けに型番と外観の異なるリテール品を投入することで、そうした値崩れの動きに歯止めをかける狙いがあるとみますね」(別のショップ店員)という声もある。実際、リテール品はメーカー保証期間が3年あり、並行輸入版に対するアドバンテージともなっている。

 こうした値崩れへの対抗策とみられる動きは、グラフィックスカードでも起きている。PCパーツ代理店のアクスが、XFX製のRadeon系カード6モデルを対象に「夏休み延長Warrantyキャンペーン」をフェイス秋葉原本店とツートップ秋葉原本店で開始した。7月24日から8月末までの間、対応モデルを購入して1カ月以内であれば、故障でなくても返品と返金を受け付けるという。対象製品は「HD-585X-ZABA」と「HD-577X-ZNFC」、「HD-567X-YNF3」、「HD-545X-ZAF2」、「HD-545X-YNH2」、「HD-435X-YNH2」だ。

 ツートップ秋葉原本店は「市場実験の意味合いをこめたキャンペーンですね。お客さんは『気に入らなかったらお金が戻ってくる』という安心感込みで購入できるわけです。そういう独自の付加価値をつけることで、無茶な値下がりの流れに合わせなくても済むようになるかもしれません。ただ、実際の返品率などをリサーチしないと実効性が見えてこないので、今回のキャンペーンに協力させていただきました」と語る。

 故障以外の返品と返金に対応するのは、2008年2月にサイズの巨大CPUクーラー「OROCHI」が登場し、干渉の問題が多発することを懸念してTSUKUMO eX.が採用した例があるが、汎用性の高いグラフィックスカードでの実践は初めて。フェイス秋葉原本店は「タイミング的にFF14ベンチやβテストの結果などが大きく反映されるでしょう。ただ、どうなるかはフタを開けないと分かりません」と少し不安げに話していた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg 日立GSTのリテールパッケージシリーズ(写真=左)。返品返金キャンペーン対象のXFX「HD-567X-YNF3」(写真=中央)。過去に返品と返金キャンペーンの対象となったことがある、サイズの「OROCHI」(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.