連載
» 2010年07月28日 17時00分 UPDATE

山谷剛史のアジアン・アイティー:中国をよく知る中国メーカーが作った電子ブックリーダーを買っちゃった (1/2)

どうやら中国でも電子ブックリーダーが流行しているとのこと。「え、Kindle? iPad? それとも?」と思いきや、意外とまじめなブツらしい。コンテンツ以外は。

[山谷剛史,ITmedia]

Kindleに似ているようで似ていない

kn_kanoh_01.jpg これが中国製で一番人気の電子ブックリーダー「漢王のF30」だ!

 最近になって、中国のメーカーが開発した電子ブックリーダーを店頭で見かける機会が増えてきた。PC周辺機器メーカーの「愛国者」(aigo)や、ポータブルAVプレーヤーを手がける「OPPO」、そして、大容量USBメモリを主に扱う「台電」など、多くの中国メーカーが電子ブックリーダーをリリースしている。そのラインアップは、メジャーなE Inkを採用するものから、中国で独自に開発された(自称)電子ブックリーダー専用カラーTFT液晶パネルを搭載したものまでと多彩だ。

「Kindle」や「iPad」といった海外製品はさておき、中国の国内では、中国製の電子ブックリーダーが激しくシェアを争っている。その「中国独自開発の製品を巡る争い」の状況は、なにやら、Blu-ray Discが世界中で普及していく傍らで、EVDだCBHDだともめていた「次期光ディスクの中国独自規格」騒動を思い出すが、そんな中国市場をリードしつつある製品が、「漢王」というメーカーがリリースするモデルだ(EVDとCBHDについては、中国独自規格「CBHD」でHD DVDが復活する……のか?と、迷走する“EVD”を試しに購入してみた(後編)を参照のこと)。その漢王のラインアップで最も人気なのが、E Inkを採用したエントリーモデル「F30」だ。価格は1880元(日本円で2万5000円強)。ちなみに、漢王の直営店は上海や北京といった国際都市だけでなく、地方都市など中国全土に広く展開してる。

 中国のハードウェア製品にしてはちょっと高級なパッケージを開封すると、中には本体のほかに、“シンプルすぎる”説明書と、ケーブル類、そして、2枚のDVDが付属していた。本体の電源を入れると、まず最初に「本を読まぬ人、本を読まぬ国民に未来はない。温家宝」という、国務院総理(日本でいうところの首相)のありがたい言葉が表示され、それからメニュー画面が表れる。

kn_kanoh_02.jpgkn_kanoh_03.jpg パッケージはカラフル(写真=左)。中身はいろいろな意味で盛りだくさん(写真=右)。ただ、シンプルすぎる説明書に泣かされた

kn_kanoh_04.jpgkn_kanoh_05.jpg 開封したパッケージからF30を取り出して(写真=左)、電源を入れると、国家首相のありがたいお言葉が!(写真=右)

 F30のディスプレイサイズはKindleと同じ6型で、その左脇に「ページめくりボタン」、ディスプレイの下にはキーボードを用意するなど、レイアウトもKindleに似ている。ただし、Kindleにあるポインティングデバイスやメニューボタンが、F30ではキーボードに収容されているなどの違いがある。このように、外見をKindleによく似せた一方で無線接続に対応しない。その代わりにmicroSD(中国ではTFカードという)スロットとMini USBを本体に用意しているので、読みたいコンテンツをPCなどの“母艦”にダウンロードしてからF30に放り込むことになる。

 無線接続をサポートしないのは、F30に限った話ではない。多くの中国メーカーが扱う多くの電子ブックリーダーでも同様だ。「電子ブックリーダーで読むコンテンツはいったんPCでダウンロード」というのが、中国における電子ブック利用のスタンダードとなっている。

kn_kanoh_06.jpgkn_kanoh_07.jpg 液晶ディスプレイの下に搭載するキーボード。カーソルキーの脇にMENUキーがさりげなく用意されている(写真=左)。F30では、PDFファイルとテキストファイルのほか、Microsoft Wordで作成したdocファイルも利用できる(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう