ニュース
» 2010年08月11日 18時20分 UPDATE

無料で診断:インターネット経由でPCをチューニング――「PC Matic」製品説明会

PCチューニングソフト「PC Matic」について、開発元の米PC Pitstopと国内販売代理店のブルースターが製品説明会を実施した。最近PCが“重い”なあという人に。

[ITmedia]

SaaS型PCチューニングソフト「PC Matic」

og_pcmatic_001.jpg 左からグリーンハウス取締役の小澤達夫氏、米PC Pitstop最高執行責任者(COO)のKeith Linden氏、ブルースター代表取締役社長の坂本光正氏、マグノリア代表取締役の広沢一郎氏

 米PC Pitstopが開発したPCチューニングソフト「PC Matic」のパッケージ販売が8月12日より開始される。これに先がけて、PC PitstopのCOOであるKeith Linden氏が来日し、報道関係者向けの製品説明会を実施した。

 PC Maticは、PCの最適化をインターネット経由で行うSaaS型PCチューニングソフト。常に最新の機能を利用できるほか、クライアントの情報を収集してサーバに橋渡しするだけのアプリケーション(Javaで動作)しか必要ないため、PCにインストールされるファイルサイズが小さくてすむというメリットがある(逆に言えばインターネット接続環境下でなければ動作しない)。また、PCの診断や問題解決へのアドバイスを無料で提供するフリーミアムモデルを採用しているのも特徴だ(無料のクライアントソフトはPC MaticのWebサイトからダウンロードできる)。

og_pcmatic_002.jpg PC Maticのメイン画面

 PC Maticの機能は大きく分けて、「Speed(速度)」「Stability(安定性)」「Security(セキュリティ)」「Perfomance(性能)」の4つだ。「速度」の改善では、一時ファイルの削除やデフラグといったディスクメンテナンスに加えて、不必要なプロセスやサービスの停止、インターネットの高速化などを実行する。「安定性」は各ハードウェアにあわせた最新ドライバの自動ダウンロードと肥大化したレジストリの整理だ。また、PCユーティリティ製品ながらセキュリティ機能を搭載しているのも特徴で、スパイウェアやトロイの木馬といったマルウェアの検知/駆除、トラッキングCookieの削除なども行える。このほか、ローカルPCの「性能」を測る指標として、世界中にあるほかのPCと診断データを比較し、ランキングを算出するユニークな機能も備える。

 Linden氏は、他社のPC最適化ソフトウェアに対する優位点として、「全世界から過去10年に渡って収集した2億件以上のPC情報をもとに、今使っているPCの問題点を診断できる」と述べ、PC Maticがクラウドベースのユーティリティであることを強調する。「非常に使いやすく、ワンクリックで診断し、ワンクリックで最適化できる。PCメンテナンスにPC Maticを役立ててほしい」(同氏)。

 PC Maticの価格は、1ライセンス/PC5台の「PC Matic Home」が4980円、2ライセンス/PC10台の「PC Matic Home Plus」が9980円。また、PC50台/200台まで利用できる法人ライセンスも用意され、インターネット経由でリモートPCの診断と最適化を行うこともできる。

og_pcmatic_003.jpgog_pcmatic_004.jpgog_pcmatic_005.jpg PC MaticはクライアントPCの診断と解決策を無料で提示し、有料サービスとしてチューニングをカバーする“フリーミアムモデル”を採用する。PCの知識がある人は診断結果をもとに自分で最適化してもいい(写真=左)。JavaでUIを制御するSaaS型アプリで、プログラムは都度サーバからダウンロードされる。実行時のフットプリントは100Mバイト程度だという(写真=中央)。今後はセキュリティ市場へも「真っ向勝負ではなく横から」参入していく(写真=右)

og_pcmatic_006.jpgog_pcmatic_007.jpgog_pcmatic_008.jpg 試しに無料版をダウンロードして試用してみた。画面はIEのレンダリングエンジンで描画されている(画面=左)。「ディスク」「ベンチマーク」「マルウェア」の3つからスキャンしたい項目をチェックする。ここではシステムの状態をチェックする「ディスク」と世界ランキングを算出する「ベンチマーク」を試した(画面=中央)。マルウェアのスキャン以外はさくさく進み、数分で結果が出た(画面=右)

og_pcmatic_009.jpgog_pcmatic_010.jpgog_pcmatic_011.jpg PC Maticによれば記者のPCには「不必要なファイル」が6Gバイト以上あるようだ(画面=左)。ファイルコピーや2D/3D描画などのベンチマークテストを実行し、ワールドランキングを算出できる。ちなみにこの(会社支給の)マシンは平均以下だった。買い替えてほしい……(写真=中央)。レポートのアドバイスをクリックすると各項目のテスト結果を確認できる。項目にマウスオーバーすると問題解決へのヒントが表示される(画面=右)

 なお、8月下旬から9月上旬には、PC Maticの新機能として、マルウェアのリアルタイムスキャン機能も実装される予定という。セキュリティソフトの傾向を見ると、PCメンテナンスも含めた包括的なサービスを提供していくという動きがあるが、PC MaticはPCメンテナンスからセキュリティへという、これとちょうど反対の動きだ。今年に入って複数のセキュリティベンダーが参入しているオンラインストレージサービスに対しても意欲的で、9月から米国で開始する計画があるという(ただし、日本での展開は今のところ未定)。PC Maticとは異なるサービスになるが、PC Maticのユーザーに対しては2Gバイトの無料オンラインストレージを提供する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.