ニュース
» 2010年08月16日 20時25分 UPDATE

サーマルティク、天面にHDDドッキングベイ2基搭載のミドルタワーPCケース

日本サーマルティクは、8月16日にミドルタワーPCケース「V9 BlacX Edition」を発表した。天面に2基のHDDドッキングベイを搭載したのが特徴だ。

[ITmedia]
kn_v90_01.jpg 「V9 BlacX Edition」

 「V9 BlacX Edition」は、ATXフォームファクタに対応したミドルタワーPCケースで、本体サイズは215(幅)×480(奥行き)×490(高さ)ミリ、重さは約6.85キロ。内部に組み込めるCPUクーラーの高さは165ミリまで対応可能。同様に、最大315ミリの拡張カードまで内蔵可能だ。

 ドライブベイは、5.25インチオープンベイが3基、3.5インチオープンベイが2基(ただし、うち1基は5インチオープンベイと兼用)、3.5インチシャドウベイが5基(うち3基は5インチオープンベイと兼用)、2.5インチシャドウベイ2基(すべて3.5インチシャドウベイ2基と兼用)を備えるほか、天面には、3.5インチHDDと2.5インチHDDに対応するドッキングベイを2基搭載する。

 ケースファンは標準構成で、フロントパネルに120ミリ角(1000rpm)を1基(青色LED内蔵)、リアパネルに120ミリ角(1400rpm)、天面に230ミリ角(800rpm)を組み込むほか、オプションで140ミリ角ファンをフロントパネルに内蔵可能。また、ケース搭載インタフェースとして、USB 2.0対応コネクタ2基のほか、USB 3.0対応コネクタを1基用意する。

 出荷開始は8月27日から、実売予想価格は1万5980円前後の予定だ。

kn_v90_02.jpgkn_v90_03.jpg 天面には、230ミリ角の大口径ファンを備えるほか(写真=左)、2.5インチと3.5インチのHDDに対応するHDDドッキングベイを2基搭載する(写真=右)

kn_v90_04.jpgkn_v90_05.jpg 拡張カードの着脱は工具なしで可能(写真=左)。フロントパネル上端のインタフェースにはUSB 3.0対応コネクタも用意する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう