レビュー
» 2010年08月23日 17時27分 UPDATE

仕事だってガシガシできます:仕事で使う“フォトフレームPC”「ThinkCentre M90z」の使い勝手とは? (1/3)

レノボ・ジャパンの「ThinkCentre」シリーズは、ビジネス重視のイメージがある。そのラインアップに液晶一体型最上位モデルが登場。現場での使い勝手はいかに?

[長浜和也,ITmedia]

時代の流れを取り入れたThinkCentre最上位モデル

kn_tcm90_01.jpg フォトフレームデザインとしても使える「ThinkCentre M90z」

 ThinkCentreシリーズは、IBMの時代から続くビジネス向けデスクトップPCのラインアップだ。競合するPCメーカーのコンシューマー向けデスクトップPCが、液晶一体型に集約するなかにあって、“レノボの御世”となっても、ThinkCentreシリーズは、ミニタワーからスリムタワー、そして、コンパクトデスクトップ(レノボでは“ウルトラスモール”と呼んでいる)と、幅広い製品をそろえている。

 そんなThinkCentreにも、液晶一体型PCのモデルが用意された。それが2009年11月に登場した「ThinkCentre A70z All-In-One」で、液晶ディスプレイのスタンドを持たない、コンシューマー向けデスクトップPCで増えてきた「フォトフレームデザイン」を採用するモデルを用意するなど、時代の変化に合わせた新機軸を取り入れている。

 ThinkCentreシリーズの液晶一体型PCで最上位モデルとなるのが、2010年6月10日に登場した「ThinkCentre M90z」だ。従来モデルの「ThinkCentre A70z All-In-One」から、液晶ディスプレイサイズが23型ワイドと大型化し、それに伴ない解像度が1920×1080ドットになったほか、システム構成も32ナノメートルプロセスルールを導入した「Clarkdale」(開発コード名)世代のCPUを中心としたインテルの最新プラットフォームを採用する。

kn_tcm90_02.jpgkn_tcm90_03.jpg 従来の液晶一体型ThinkCentreに比べて23型ワイドと大型化した液晶ディスプレイは解像度も1920×1080ドットと大幅に向上した(写真=左)。液晶ディスプレイ左下にタッチセンサー式のメニューアイコンがあり、そこに触れるとOSDメニューが画面に表示される(写真=右)

 レノボジャパンの説明によると、最新プラットフォームの導入で、性能は100%改善されたという。果たしてThinkCentreの液晶一体型PCの最上位モデルの実力は、その通りなのだろか。最小構成モデルのダイレクト価格は14万5425円(なお、現在キャンペーン価格で8万9800円)であるが、ここでは、CPUにCore i5-650(3.2GHz、Turbo Boost Technology有効時で最高3.46GHz、3次キャッシュメモリ4Mバイト)を搭載して、マルチタッチ対応の液晶パネルを採用する最上位モデル「0870A1J」を用いて検証する。

 なお、ThinkCentre M90zには、液晶ディスプレイの直立スタンドを取り入れたモデルと、スタンドを用いない「フォトフレームデザイン」モデルが用意されるが、評価機はフォトフレームデザインとなっている。このレビュー記事の考察は、フォトフレームデザインを使った場合になっているので、注意していただきたい。

kn_tcm90_04.jpgkn_tcm90_05.jpgkn_tcm90_06.jpg ディスプレイ(本体)は15度から45度の間で角度の調節が可能だ

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう