ニュース
» 2010年08月31日 15時45分 UPDATE

UQが米国ローミングサービス「WORLD WiMAX」を開始 2011年3月末まで無料

UQコミュニケーションズが9月1日から、米国での国際ローミングサービスを開始する。米Clearwireと提携し、日米で相互にWiMAXサービスを利用可能にする。

[園部修,ITmedia]
Photo WORLD WiMAX利用までの流れ

 UQコミュニケーションズが9月1日から、米Clearwireと相互連携し、米国でUQ WiMAXの国際ローミングサービス「WORLD WiMAX」を提供すると発表した。

 米国でWiMAXを利用するには、Clearwireが提供する1日利用サービス「CLEAR Free Day Pass」に申し込めばいい。ホノルルやシアトル、シカゴなど米国内55都市で、日本国内でWiMAX契約があるWiMAX搭載PCからWiMAXサービスが利用できる。2011年4月以降は有料化する計画だが、9月1日から2011年3月末日までは、追加料金は無料でサービスが受けられる。

 対象となるWiMAX機器はインテルのWiMAX通信モジュール(Intel WiMAX/WiFi Link 5150もしくはIntel Centrino Advanced-N+WiMAX 6250)を搭載したPC。データ通信カードやWiMAX Speed Wi-Fiなど、WiMAX搭載PC以外の機器は非対応だ。日本国内でWiMAXサービスに加入後、約2週間でClearwireのCLEAR Free Day Passに申し込めるようになる。

Photo WORLD WiMAXの提供エリア

 また日本国内では、Clearwireの契約者向けに、渡航者専用の1日利用サービス「UQ Day Pass」を24時間あたり600円で提供。Clearwireのユーザーも日本でローミングサービスが利用できるようにする。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう