PR

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート(全6回):第1回 “開けばつながる”がワークスタイルを変化――アイデアを具現化してくれるようになった「Let'snote S9」と会社代表 田中さんの場合 (1/2)

ノートPCは持っていたが、外出先で“接続する”作業が面倒だったためにほとんど持ち歩くことがなかったというモニター当選者のライフスタイルが、WiMAX内蔵PCの「Let'snote S9」で大きく変わったという。その理由は?

「どこでもオフィス」の実現でワークスタイルが変化、ライフスタイルも一変

photo 千葉県でギフト販売のインターネット通販会社を経営する田中さん(仮名)

 パナソニック「Let'snote S9(CF-S9KYFEDR)」は、CPUにインテル® Core™ i5-520M プロセッサーを搭載した高い処理能力と約13時間動作する標準バッテリー、約1.34キロの軽量ボディと、高速・長時間動作・軽量の要素を備えたWiMAX内蔵モバイルノートPCだ。OSはWindows 7 Professional(標準は32ビット版、リカバリー機能で64ビット版にも切り替え可能)、通信機能にモバイルWiMAX通信モジュールを標準搭載し、機動力を求めるビジネスユーザーのニーズに応える1台と言える。

 そんなLet'snote S9のモニター当選者は、インターネット通販企業の代表を務める田中武史さん(仮名)。田中さんは代表取締役という立場上、24時間常に会社、サイトの状況をチェックできるよう、従来よりプライベートでもモバイルノートPCを使用していた。ただ、外出先で行うインターネット接続までの手間──USB接続型のデータ通信端末の取り出しと接続・ダイヤルアップ接続の作業など──が面倒と常々感じていたいう。

PCを開くと“即つながる”機動力に惚れた──仕事のクラウド化も一気に加速

photo PCの快適さに携帯電話なみの機動力が備わった──という評価の「Let'snote S9」

―― まず、「Let'snote S9」の第一印象を聞かせてください。

 とてもしっかりしたつくりで、丈夫そうだなというのが外観的な第一印象ですね。そして以前のPCより処理スピードが劇的に速く、起動も高速だということにもかなり驚きました。これまで使っていたPCは、長年使い、いろいろなソフトウェアをインストールしていたこともあるのでしょうが、最近は特に起動に時間がかかるようになってしまい、ここに大きなストレスを感じていたのです。新しいWindows 7 Professionalに乗り換えられたうれしさも含めて、Let'snote S9の処理速度速さには本当に感動しました。

―― 「Windows 7 Professional」搭載PCは初めてとのことですが、こちらはいかがですか?

 これまで使っていたWindows XPとは、かなりインタフェースが違っていたので単純に比較はできませんが、グラフィカルで視認性がよいのにとても動作が軽快ですよね。最新PCであるLet'snote S9のスペックが以前のPCよりかなり高いこともありますが、これまでワンテンポ遅かったクリック→アプリケーション起動までの時間が“ほぼ一瞬”で済むほどサクサク動作します。

 このほか、持ち歩くLet'snote S9から自宅PCのメディアコンテンツを簡単に再生できる「リモートメディアストリーミング」、さらにWindows 7 Professionalなら「リモートデスクトップサーバー」機能も備わるので、これらを今後の業務にどう活用しようかと計画中です。

―― 以前よりモバイルノートPCはお持ちだったんですよね?

 職場ではWebサイトの作成や画像編集なども行うのでデスクトップPCを使用しますが、自宅では2006年ごろに購入したモバイルノートPCを使用していました。当時、外出時の機動性を想定して軽量なモバイルノートPCを選びましたが、今思い出すとほとんど外に持ち出して使いませんでした。

 モバイルインターネット通信手段は自宅のADSL回線と同時に加入したUSB接続型の3Gデータ通信端末を持っていますが、PCを起動、データ通信端末をバッグから取り出す、それをPCに接続、専用ソフトでインターネットに接続する……という手段がどうにも面倒で、ほかに方法はないかといつも思っていました。

 実際、メールとWebサイトのチェック程度なら携帯電話でもできますので、外出先でインターネットを利用するときは、携帯電話で済ませてしまうことが多かったです。

―― 外出先のインターネット利用は携帯電話だけでこと足りていましたか?

 いえ、いままでのPCでは逆に非効率だったので、許容できる範囲で携帯電話で行っていたということです。

 やはりビジネスメールの返事をしたり、サイトで本格的に調べ物をするとなると処理速度が遅く、画面サイズも小さい携帯電話では効率が悪いですよね。私の場合は、通話しながら操作できないことも不便。同じくらいのデータ通信費が発生するなら、本当は画面が見やすくて一度に得られる情報量が多いPCを使いたいのです。

 思い立ったときにすぐに使える機動力は、携帯電話が勝ります。ただ、携帯電話だけですべての業務はこなせません。PCの快適さと携帯電話なみの機動力を兼ねたモバイルWiMAX内蔵のLet'snote S9は、この悩みを一気に解消してくれるPCだと思います。

       1|2 次のページへ

提供:インテル株式会社、マイクロソフト株式会社、UQコミュニケーションズ株式会社(50音順)
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年9月30日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

ついに「モバイルPC元年」が到来──2010年、モバイルノートPCが劇的に変わった!
遅い、重い、高い、面倒、そもそも使う機会がない……「PCを外に持ち出す」を、特別なことと思っていないだろうか。でも、WiMAX内蔵PCを使うと考え方がぱっと変わるに違いない。なぜ変わるのか、なぜ2010年が「モバイルPC元年」なのか。今までのモバイルPC環境を振り返ってみよう。

「モバイルWiMAXって何?」──改めて知ろう、WiMAXの「10のポイント」
なぜ速いのか、なぜ便利なのか、なぜ“一度使うとやめられなくなる”のか。「モバイル WiMAXって何?」を、“10のポイント”に分けてじっくり解説する。

モバイルノートPCにこそ最適な「Windows 7」、その魅力に迫る
最新WiMAX内蔵PCには、マイクロソフトの最新OS「Windows 7」がプリインストールされている。その完成度は評価版の段階から評価が高く、モバイルノートPCにこそ、Windows 7を利用するメリットは大きい。Windows 7の魅力を「10」のポイントに分けて紹介していこう。

「2010 インテル Core プロセッサー」がもたらす、モバイルノートPCの劇的な進化
高速、長時間動作、モバイル通信環境……モバイルノートPC環境は、新世代の「2010インテルCoreプロセッサー」で大きく進化を遂げた。今までとは何が違うか、何がすごいのか、インテルの技術とモバイルノートPCの“今”を「10のポイント」に分けて解説する。

新旧PC徹底対決 これだけ違う「2010年の新世代モバイルPC」
旧PCもまだ使える、XPを使わなければならない──。そんな理由でPCの買い換えをとどまっている人はいないだろうか。ここまで進化した「2010年の新世代モバイルPC」のメリットを、旧PCと比較してずばり検証しよう。

“何を買うべき”か分かる 2010年夏版「WiMAX内蔵PC」購入ガイド
「いつでも、どこでも、自由に使えるモバイルノートPC」どれが自分に向いているのか、どれを買えばいいのか──。2010年夏のWiMAX内蔵PCカタログとともに、シーン別「WiMAX内蔵PCの購入ポイント」を考察する。

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第1回 “開けばつながる”がワークスタイルを変化――アイデアを具現化してくれるようになった「Let'snote S9」と会社代表 田中さんの場合
ノートPCは持っていたが、外出先で“接続する”作業が面倒だったためにほとんど持ち歩くことがなかったというモニター当選者のライフスタイルが、WiMAX内蔵PCの「Let'snote S9」で大きく変わったという。その理由は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第2回 女子力向上+就活の強い味方──バッグに入る小型ボディ+“どこでも”つながる「VAIO P」と大学生 霜田さんの場合
ソニー「VAIO P」のモニター当選者は、これが初めてのマイパソコンという19歳の大学生。学校でのリポート作成から、バンドサークルの仲間との動画視聴まで、毎日持ち歩いて使ってみた感想は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第3回 自宅も、近所のカフェでも──より自由な休日が過ごせるようになった「FMV LIFEBOOK PH」とコンサルタント 矢沢さんの場合
たまの休日、“しばられない”自由な時間はまさに至福の時。WiMAX搭載でどこでもつながる「FMV LIFEBOOK PH」で、自宅や電源のある場所に縛られない自由な休日を満喫したモニター当選者の感想は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第4回 資料作成もプレゼンも大容量メールも──“ビジネス効率化作戦”を実施した「ThinkPad X201s」と製造技術者 神田さんの場合
業務で日々複数の拠点を行き来するモニター当選者の希望は、会社のデスクトップPCなみのパフォーマンスで、業務の効率化を図れるモバイルノートPC。「ThinkPad X201s」とモバイルWiMAXで得た機動力で、ビジネスはどこまで変わったのか?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第5回 抜群の機動力で“どこでも勉強部屋”を実現──小型軽量、長時間動作の「LaVie Light」と大学院生 村橋さんの場合
WiMAX内蔵PC「LaVie Light」のモニター当選者は、日々の勉強にノートPCが欠かせないという大学院生。重量約1.36キロの小型・軽量ボディと、高速接続のWiMAXの機動力で学習スタイルをどう変えたのか?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第6回 “どこでもサクサク”写真整理とフォトブック作成──家族のライフスタイルも変化させた「dynabook RX3」と内勤会社員 奥谷さんの場合
行きつけの喫茶店でコーヒーを味わいながらPCに向かい、子どもの写真・動画を整理するのがモニター当選者の理想の休日の過ごし方。WiMAX内蔵「dynabook RX3」のストレスフリーな機動力が、理想を現実へと変える。