ニュース
» 2010年09月02日 13時41分 公開

LGエレ、狭額ベゼル採用の18.5型ワイド液晶「W1946T」

LGエレクトロニクス・ジャパンは、最薄部15.7ミリとなる狭額ベゼル筐体を18.5型ワイド液晶ディスプレイ「W1946T」を発売する。

[ITmedia]
photo W1946T

 LGエレクトロニクス・ジャパンは9月2日、最薄部15.7ミリとなる狭額ベゼル筐体を18.5型ワイド液晶ディスプレイ「W1946T」を発表、9月中旬より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は1万2000円前後。

 W1946Tは、1366×768ドット表示に対応した18.5型ワイド液晶ディスプレイで、デュアルディスプレイ環境にも向く狭額ベゼルを採用したモデルだ。

 インタフェースはDVI/アナログD-Subの2系統を装備。応答速度は5ms、輝度は250カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1(DFC ON時で3万:1)となっている。本体サイズは442.6(幅)×169.9(奥行き)×356.2(高さ)ミリ、重量は3.36キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう