PR

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート(全6回):第3回 自宅も、近所のカフェでも──より自由な休日が過ごせるようになった「FMV LIFEBOOK PH」とコンサルタント 矢沢さんの場合 (1/2)

たまの休日、“しばられない”自由な時間はまさに至福の時。WiMAX搭載でどこでもつながる「FMV LIFEBOOK PH」で、自宅や電源のある場所に縛られない自由な休日を満喫したモニター当選者の感想は?

「WiMAX内蔵PC」で、電源からもLANケーブルからも解放された

photo 都心部を生活エリアとするコンサルタントの矢沢さん(仮名)

 CPUにインテル® Core™ i5-430UM、12.1型ワイドの液晶ディスプレイ、標準で約11.5時間動作するバッテリー、DVDスーパーマルチドライブを内蔵しながら約1.39キロの軽量ボディ、そしてWindows® 7 ProfessionalとモバイルWiMAX──富士通の「FMV LIFEBOOK PH(FMV-P775A)」は2010年夏におけるモバイルノートPCのトレンドを凝縮し、ビジネス/プライベート、どちらのシーンでもメインPCとして活用できる質実剛健なデザインが特徴のノートPCだ。

 モニター当選者の矢沢(仮名)さんは、勤務先・居住地ともに東京都心部を生活エリアとし、職場には自転車で出勤するという活動派のコンサルタント。今まで、プライベート用PCにA4ノートPCとサブノートPCを所有していたが、A4ノートPCは携帯性に、サブノートPCは性能そのものに不満があり、趣味の一眼レフカメラとは違い、PCそのものは思うようにアクティブなスタイルで使えていなかったという。“WiMAX内蔵PC”として高い携帯性とパフォーマンスを兼ね備えたFMV LIFEBOOK PHは、そんな矢沢さんの生活をどう変えたのか、使ってみた感想を聞いた。


据え置きノートPCと同じ環境を、“ケーブルフリー”で持ち出せる

―― 「FMV LIFEBOOK PH」の第一印象をお聞かせください。

 正直なところ、最初はデザインはやや堅い感じでビジネス向けPC然とした印象を持ちましたが、実際に使用し始めるとサイズ感がなかなかしっくりくると思いました。

 これまでは、A4ノートPCとB5サイズのサブノートPCを持っていましたが、FMV LIFEBOOK PHは本体サイズや約1.39キロの重量はこれまでのサブノートPCと変わらないのに、光学ドライブを内蔵しつつ、ディスプレイ解像度も1280×800ドットと必要十分な仕様で、今までのA4ノートPCと使い勝手は変わりません。サブノートPCの機動性とA4ノートPCの実用性を兼ねつつも、さらに高性能になったという感じです。今までは2台のPCを必要に応じて使い分けてましたが、これからはもうこれ1つでよいですね。

photo デザインは少し堅め……で質実剛健の印象だが、約1.39キロの軽量ボディは自転車利用時に使うバッグに入れても重さを感じず、違和感なく持ち運べるという

―― これまで使っていたPCとの違いは、どういうところで感じましたか?

 まず感じたのは、起動の速さ。それからWindows 7 Professionalの使い勝手とインテルCPUの処理速度ですね。僕はデジタル一眼レフで写真を撮るのが趣味なのですが、これまでのPCでは大量の写真データの整理や編集をするのに動作が遅くてストレスを感じることが多々ありました。FMV LIFEBOOK PHで作業すると、そんなストレスはふっとなくなりました。今までなかなかできなかった動画の編集も、これならチャレンジしようかなという気持ちになっています。

 あと、大きく変わったのはインターネットの接続環境ですね。今回は特にモバイルWiMAXを使ってみたくてモニターに応募しましたが、実際に利用すると自宅のADSL回線と同じ……いや、それ以上と感じるほど「そのまま外出先」でも高速に通信できるのに驚きました。

―― 「Windows 7」に乗り換えた感想はいかがですか?

 OSが新しくなったのも、これまで使っていたWindows Vista時代のPCと比べて快適になったと感じた大きな理由の1つですね。先ほども述べたとおり、起動・終了にかかる時間が時間がとにかく短縮され、任意の写真や動画フォルダをライブラリとして登録できるので、必要なファイルをさっと素早く取り出せるのも便利です。Windows 7は起動が速いという話はいろいろなところで聞いていましたが、CPUとOSが新しくなるとここまで変わるのかと実感できました。

 このほか、以前は裏でいろいろなソフトが動いている感じ──といいますか、急に動作が遅くなったり、時には一時的にストップすることもよくありました。それと比べると、Windows 7は素直で正直という印象です。見た目や基本的な操作方法はWindows Vistaと大きくかわらないので利用において戸惑うことはありませんが、やはり動作が速くなったし、要所でより見やすく、分かりやすくなったと思います。

       1|2 次のページへ

提供:インテル株式会社、マイクロソフト株式会社、UQコミュニケーションズ株式会社(50音順)
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年9月30日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

ついに「モバイルPC元年」が到来──2010年、モバイルノートPCが劇的に変わった!
遅い、重い、高い、面倒、そもそも使う機会がない……「PCを外に持ち出す」を、特別なことと思っていないだろうか。でも、WiMAX内蔵PCを使うと考え方がぱっと変わるに違いない。なぜ変わるのか、なぜ2010年が「モバイルPC元年」なのか。今までのモバイルPC環境を振り返ってみよう。

「モバイルWiMAXって何?」──改めて知ろう、WiMAXの「10のポイント」
なぜ速いのか、なぜ便利なのか、なぜ“一度使うとやめられなくなる”のか。「モバイル WiMAXって何?」を、“10のポイント”に分けてじっくり解説する。

モバイルノートPCにこそ最適な「Windows 7」、その魅力に迫る
最新WiMAX内蔵PCには、マイクロソフトの最新OS「Windows 7」がプリインストールされている。その完成度は評価版の段階から評価が高く、モバイルノートPCにこそ、Windows 7を利用するメリットは大きい。Windows 7の魅力を「10」のポイントに分けて紹介していこう。

「2010 インテル Core プロセッサー」がもたらす、モバイルノートPCの劇的な進化
高速、長時間動作、モバイル通信環境……モバイルノートPC環境は、新世代の「2010インテルCoreプロセッサー」で大きく進化を遂げた。今までとは何が違うか、何がすごいのか、インテルの技術とモバイルノートPCの“今”を「10のポイント」に分けて解説する。

新旧PC徹底対決 これだけ違う「2010年の新世代モバイルPC」
旧PCもまだ使える、XPを使わなければならない──。そんな理由でPCの買い換えをとどまっている人はいないだろうか。ここまで進化した「2010年の新世代モバイルPC」のメリットを、旧PCと比較してずばり検証しよう。

“何を買うべき”か分かる 2010年夏版「WiMAX内蔵PC」購入ガイド
「いつでも、どこでも、自由に使えるモバイルノートPC」どれが自分に向いているのか、どれを買えばいいのか──。2010年夏のWiMAX内蔵PCカタログとともに、シーン別「WiMAX内蔵PCの購入ポイント」を考察する。

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第1回 “開けばつながる”がワークスタイルを変化――アイデアを具現化してくれるようになった「Let'snote S9」と会社代表 田中さんの場合
ノートPCは持っていたが、外出先で“接続する”作業が面倒だったためにほとんど持ち歩くことがなかったというモニター当選者のライフスタイルが、WiMAX内蔵PCの「Let'snote S9」で大きく変わったという。その理由は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第2回 女子力向上+就活の強い味方──バッグに入る小型ボディ+“どこでも”つながる「VAIO P」と大学生 霜田さんの場合
ソニー「VAIO P」のモニター当選者は、これが初めてのマイパソコンという19歳の大学生。学校でのリポート作成から、バンドサークルの仲間との動画視聴まで、毎日持ち歩いて使ってみた感想は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第3回 自宅も、近所のカフェでも──より自由な休日が過ごせるようになった「FMV LIFEBOOK PH」とコンサルタント 矢沢さんの場合
たまの休日、“しばられない”自由な時間はまさに至福の時。WiMAX搭載でどこでもつながる「FMV LIFEBOOK PH」で、自宅や電源のある場所に縛られない自由な休日を満喫したモニター当選者の感想は?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第4回 資料作成もプレゼンも大容量メールも──“ビジネス効率化作戦”を実施した「ThinkPad X201s」と製造技術者 神田さんの場合
業務で日々複数の拠点を行き来するモニター当選者の希望は、会社のデスクトップPCなみのパフォーマンスで、業務の効率化を図れるモバイルノートPC。「ThinkPad X201s」とモバイルWiMAXで得た機動力で、ビジネスはどこまで変わったのか?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第5回 抜群の機動力で“どこでも勉強部屋”を実現──小型軽量、長時間動作の「LaVie Light」と大学院生 村橋さんの場合
WiMAX内蔵PC「LaVie Light」のモニター当選者は、日々の勉強にノートPCが欠かせないという大学院生。重量約1.36キロの小型・軽量ボディと、高速接続のWiMAXの機動力で学習スタイルをどう変えたのか?

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート:第6回 “どこでもサクサク”写真整理とフォトブック作成──家族のライフスタイルも変化させた「dynabook RX3」と内勤会社員 奥谷さんの場合
行きつけの喫茶店でコーヒーを味わいながらPCに向かい、子どもの写真・動画を整理するのがモニター当選者の理想の休日の過ごし方。WiMAX内蔵「dynabook RX3」のストレスフリーな機動力が、理想を現実へと変える。