ニュース
» 2010年09月10日 20時00分 UPDATE

CELL REGZAの3D高画質化機能を採用:東芝、3D Vision対応dynabook用の2D-3D変換プレーヤーソフトを無償提供

「TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D」は2D映像を3D映像に変換し、NVIDIA 3D Visionでの立体視再生を可能にするソフト。9月17日に無償ダウンロード提供を開始する。

[ITmedia]
tm_1009t3d01.jpg 対応モデルの「dynabook TX/98MBL」

 東芝は9月17日、NVIDIA 3D Vision対応のdynabookで利用可能な2D-3D変換プレーヤーソフト「TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D」の無償ダウンロード提供を開始する。対象機種は店頭モデルの「dynabook TX/98MBL」と直販モデルの「dynabook Satellite AXW/90MW」だ。

 DVDの映画タイトルやテレビ、ビデオ録画の映像を収めたDVDを3D映像にリアルタイム変換し、3D Visionで立体視再生が行える2D-3D変換プレーヤーソフト。対応フォーマットはDVD-Video、DVD-VR、MP4、MPEG-2 TSだ。

 液晶テレビ「CELL REGZA」の3D対応機種に採用されている同社独自の3D高画質化機能も搭載。映像の構図から奥行きを算出してシーンに応じた立体映像化を行う「ベースライン3D」、近景は遠景より見かけ上の動きが速いという基本原則から映像の奥行きをより正確に出す「モーション3D」、映像の色深度を解析して細部の立体視効果を高める「カラー3D」、クロストークを除去する「クロストークリダクション」といった機能を備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.