ニュース
» 2010年09月13日 14時57分 UPDATE

2010年PC秋冬モデル:テレビ+3D、PCも標準装備へ──テーマは「選べる3D」、NEC秋冬モデルの狙い

NECの2010年PC秋冬モデルはデスクトップPCの全シリーズに「3D対応モデル」を用意し、“PCでも3D”を強くアピール。家庭用機器と同様に「3D」「地デジ化」「ライトな複数台目需要」をテーマにしたラインアップで展開する。

[岩城俊介,ITmedia]

秋冬モデルのテーマは「3D」「テレビ」「複数台目」

photo NECパーソナルプロダクツ 商品開発本部の渡邉敏博本部長代理

 NECは9月13日、2010年PC秋冬モデル7シリーズ/49モデルを発表。3D元年とも呼ばれる2010年のトレンドに合わせ、デスクトップPCの全シリーズで3D対応モデルを用意した。

 国内におけるNEC製PCのシェアは変わらず高く、GfK Japanの販売データによると、デスクトップPCは「VALUESTAR N」、ノートPC「LaVie L」の販売がとくに好調。2010年上期のPC市場も一時期の(景気や新OS発売前などの影響による)買い控え傾向は解消され、傾向前年比約120%(需要が落ち着いたNetbookを除くいた一般PCにおいては約140%)の伸長を見せているという。

 新モデルのテーマは、

  • 3D対応モデルの大幅拡充
  • デジタル放送対応モデルの充実・機能強化
  • 複数台目需要を満たす機能の追加

 の3点。家庭用AV機器と同様に「PCを“生活の必需品の1つ”として導入する一般層」(NEC 渡邉氏)をターゲットに、家庭用AV機器のトレンドと同様のテーマをPCにも盛りこんで展開する。

photophotophoto 秋冬モデルは3D・テレビ・2台目の需要をテーマにしたラインアップで展開。3D対応モデルはデスクトップPCの全シリーズに拡大し、「偏光版方式」(映画館などで採用)/「アクティブシャッター方式」(家庭用テレビや3Dゲーム)、ニーズに応じて2方式のモデルより選べる。このほか、リモートスクリーン機能「Luiソリューション」を全モデルに標準で搭載し、複数台目の需要も訴求する

 「2011年7月のアナログテレビ放送の終了にともない、テレビ需要は今後、より盛り上がると思う。3D対応地デジ対応PCもそのニーズを十分まかなえることを訴求したい。また、3Dについては“2010年は3D元年”と言われるように一般層への認知度も高まっており、2010年年末から2011年にかけて3D対応デジタル機器だけでなくテレビ放送や映画、ゲーム、Net動画など、普及に必要な“3Dコンテンツ”も豊富になるはず。いままで1モデルだった3D対応モデルをデスクトップPC全シリーズに拡充し、“選べる”ようにしたのはこの需要拡大に応じて多様化するニーズを見込んでのこと。秋冬モデルは月間12万台出荷を目標とし、デスクトップPCの10%が3D対応モデルとなるよう拡販したい」(NECパーソナルプロダクツ 商品開発本部の渡邉敏博本部長代理)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう