ニュース
» 2010年09月14日 18時12分 UPDATE

PowerDVD 9をバンドル:パイオニア、Blu-ray 3D対応のBlu-ray Discドライブ「BDR-S06J」

パイオニアがBD-Rの12倍速書き込みに対応した「BDR-S06J」を発売する。Blu-ray 3Dの再生をサポートする「PowerDVD 9」を付属。

[ITmedia]
og_pioneer_001.jpg BDR-S06J-KR(ラバーブラック)

 パイオニアは9月14日、5インチベイ内蔵型のBlu-ray Discドライブ「BDR-S06J」を発表、10月上旬より発売する。実売想定価格は3万円台前半になる見込み。ラインアップは3モデルで、「BDR-S05J」と同じクリアホワイト、ピアノブラックに加え、新たにラバーブラックのカラーバリエーションが用意されている。

 BDR-S06Jは、Serial ATA接続に対応した内蔵型Blu-ray Discドライブ。業界最高水準の1層/2層BD-R12倍速書き込みをはじめ、BD-RE2倍速書き換え、2層DVD±R8倍速書き込み、1層DVD±R16倍速書き込み、DVD±RW8倍速書き換え、DVD-RAM5倍速書き換えをサポートしているのが特徴。また、BD/DVD再生時にディスクの回転数を制御してノイズを抑える「アドバンスド静音ファームウェア」や、使用メディアに応じて最適な書き込み倍速を自動的に選択する「最適倍速記録機能」を搭載する。

 このほか、主な付属ソフトとしてBlu-ray 3Dの再生に対応したBD/DVD再生ソフト「PowerDVD 9」、BD-MVとAVCHDに対応したオーサリングソフト「PowerProducer v5」、ライティングソフト「Power2Go v6 for PURE READ」、バックアップソフト「PowerBackup v2」などがバンドルされている。

og_pioneer_002.jpgog_pioneer_003.jpg BDR-S06J-W(クリアホワイト)、BDR-S06J-BK(ピアノブラック)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう