ニュース
» 2010年09月21日 19時00分 UPDATE

Premiere ElementsがMac初対応:アドビ、「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」を発表

アドビシステムズは「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」の日本語版を10月1日に発売する。今回からMac版のPremiere Elementsが追加された。

[ITmedia]

 アドビシステムズは9月21日、個人ユーザー向けのフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop Elements 9」およびビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 9」の日本語版を発表した。2本のソフトをセットにしたパッケージ「Adobe Photoshop Elements 9 & Adobe Premiere Elements 9」もラインアップする。発売日はいずれも10月1日の予定だ。

tm_1009pepe9_01.jpg 「Adobe Photoshop Elements 9」
tm_1009pepe9_02.jpg 「Adobe Premiere Elements 9」
tm_1009pepe9_03.jpg 「Adobe Photoshop Elements 9 & Adobe Premiere Elements 9」

Photoshop Elements 9/Premiere Elements 9製品情報(Windows版/Mac OS版)
ラインアップ 通常版 乗換え・アップグレード版 学生・教職員個人版
Photoshop Elements 9 1万4490円 1万290円 7140円
Premiere Elements 9 1万4490円 1万290円 7140円
Photoshop Elements 9 & Premiere Elements 9 2万790円 1万5540円 1万290円

 新バージョンの特徴は、WindowsとMac OSで共通した使用環境を提供したこと。Premiere ElementsはこれまでWindows版のみだったが、新たにMac版が追加された。Photoshop ElementsとPremiere Elementsで共通して利用できる写真や動画の管理ツール「Elements Organizer」もWindows版だけでなくMac版にも対応している。対応OSはWindows版がWindows XP(SP2以降)/Media Center/Vista/7、Mac OS版がMac OS X 10.5.8または10.6だ。各製品にはWindows版とMac版のアプリケーションが含まれる。

 Photoshop Elements 9は、ガイド付き編集機能を強化して各ステップの説明をより分かりやすくした。特定の写真の特徴(コントラストやトーンなど)をほかの写真に自動適用する「Photomerge Style Match」機能を追加したほか、被写体の反射やトイカメラ風、ポップアートなどの効果に対応した。仕上げた写真作品はFacebookやFlickerへ投稿したり、テンプレートを用いてオンラインアルバムを作成することもできる。

 Premiere Elements 9は内部のプラグインを削除するなどの最適化によって、AVCHDの編集パフォーマンスを向上。オーディオ効果にノイズ低減などの機能を追加したほか、コンパクトビデオカメラ/デジタル一眼レフカメラからの直接データ読み込み(対応機種による)に対応した。編集後の映像はFacebookに投稿したり、Webサイト上で再生できるインタラクティブなWeb DVDに出力することも可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-